サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転フォークリフトとトラックが連携、待ち時間短縮

ここから本文です

豊田自動織機、日立物流などは9月17日、物流施設内でのトラックの積卸し自動化と待機時間削減に向けてAIを搭載した自動運転フォークリフトを活用してトラック運行と連携させる共同実証事業を開始すると発表した。

実証事業には2社のほか、大和ハウス工業、イオングローバルSCM、花王も参画する。

5社は、トラック積卸しを自動化するため、AIを搭載した自動運転フォークリフトの実用化を目指すとともに、荷主間の計画的で効率的なトラック運行を実現することで、サプライチェーン全体の効率化・省エネ化に取り組む。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン