サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ニキ・ラウダ、正確無比な“コンピューター”と呼ばれた天才(最終回)【追悼企画】

ここから本文です

エラーのない正確無比なドライビング

速いドライバーのなかには、より速いラップを求めて攻めて走った結果、限界をわずかに超えてしまい、コースアウトやクラッシュにつながることが少なくない。とくに若いドライバーの成長期には、経験の少なさや速さへのより強い想いから、そういうことが起きやすい。

ニキ・ラウダ、正確無比な“コンピューター”と呼ばれた天才(最終回)【追悼企画】

ニキ・ラウダもまた、若い頃からとても速いドライバーだった。その速さはF1に上がっても健在で、F1フルシーズン参戦3年目、フェラーリ加入初年度だった1974年には予選で9回ものポールポジションを獲得。圧倒的な速さを誇っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ