サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペナルティ”一貫性”へのアロンソの皮肉、スチュワードにはノーダメージ? 「ルールは全員に平等」

ここから本文です
 FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、フェルナンド・アロンソから裁定の一貫性について批判されている件について反論。ルールは平等に適用されていると語った。

 アロンソがペナルティとその裁定の一貫性について批判したのは、F1第15戦ロシアGP終了後の事。彼はロシアGP1周目に、ターン2で本コースを通らずエスケープゾーンを通過した。FIAはアロンソがこの動きによってアドバンテージを得ていないとして、最終的には何の措置も取らなかったものの、ポジションを落とすことなくコースに復帰したアロンソの動きはFIAから注目されていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ