サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 5月から「令和1年(R1)」 平成に生まれ平成に消えた名車 スバル「R1」とは

ここから本文です

5月から「令和1年(R1)」 平成に生まれ平成に消えた名車 スバル「R1」とは

■新元号「令和」とスバル「R1」の関係性とは

 2019年4月1日、日本政府は同年5月1日の新天皇即位に伴う元号を「令和(れいわ)」とすることを決め、菅官房長官が発表しました。

スバルの3列シートSUV「アセント」、やれることはやり尽くした渾身の1台

 手続きなどの書面では元号を記入する際、略称として「平成=H」「昭和=S」「大正=T」と表記されていますが、新たに発表された「令和」は、「R」表記となることが公表されています。

 一般的な人に「R1」と聞いて思い浮かぶイメージといえば、検索上位に表示される「明治のヨーグルト R1」や「R-1グランプリ」です。しかし、クルマ好きではスバル「R1」が浮かぶのではないでしょうか。 

 スバル「R1」とは、過去に発売されていた軽自動車です。1958年に発売され『てんとう虫』という愛称で親しまれたスバル「360」のコンセプトを継承したモデルといわれています。

 女性や子どもが独立したシニア世代をターゲットとし、「2+2シート」というレイアウトを実現。2005年1月に発売され、当初は「Rグレード」のみを設定していました。

 同年7月には、低価格グレードの「i」を追加。11月にはスーパーチャージャーを搭載した「S」が発売されています。

 2007年6月には「i」グレードが廃止、2009年には「R/S」グレードをベースとした専用装備を搭載した特別仕様車「Premium Black Limited」が発売するほか、1年に1回のペースで一部改良を施していました。

 ボディサイズは、全長3285mm×全幅1475mm×全高1510mmの3ドアハッチバック。パワートレインは、 660ccガソリンエンジン(46PS/54PS)、スーパーチャージャー付660ccガソリンエンジン(64PS)という3種類が存在。

 2010年4月1日には、国内販売を終了しています。

■令和2年は、R2?

 スバル「R1」が発売される約1年前の2003年12月には、「R2」という軽自動車を発売。このR2もR1同様に女性をターゲットとして開発され、基本的には国内専用車でした。

 R2は、全長3395mm×全幅1475mm×全高1520mmの5ドアハッチバック。パワートレインは、R1同様に 660ccガソリンエンジン(46PS/54PS)、スーパーチャージャー付660ccガソリンエンジン(64PS)という3種類を存在。

 R2には、多様なグレードや特別仕様車を毎年のように追加発売をしていました。2006年にはインテリアショップ「アクタス」が監修したアロマディフューザーセットを装備した特別仕様車「Refi Limited」も発売します。

 2010年には、約6年にわたる販売が終了となり、後継車には「ステラ」がR2をベースとして開発されるのです。(2代目以降はダイハツ「ミラ」のOEM車)

 また、過去にスバルでは「R-2」という軽自動車を1969年から1972年まで生産・販売され、R-2は元祖てんとう虫と呼ばれた「360」の後継車として発売されたクルマです。

 スバルには「R1」「R2」「R-2」といった、いまこそ思い出してあげたい名車が存在するのです。
  
【了】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します