サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMGの高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」「メルセデスAMG GTロードスター」が一部改良を敢行

ここから本文です

メルセデスAMGの高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」「メルセデスAMG GTロードスター」が一部改良を敢行

Mercedes-AMG独自開発のハイパフォーマンスクーペ「メルセデスAMG GT」とオープンモデル「メルセデスAMG GTロードスター」がマイナーチェンジ。合わせて限定40台の特別仕様車「メルセデスAMG GT Night Edition」を設定

 メルセデス・ベンツ日本は8月5日、Mercedes-AMG独自開発の高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」および「メルセデスAMG GTロードスター」のマイナーチェンジを行い、合わせて特別仕様車「メルセデスAMG GT Night Edition」を設定して、同日より予約受注を開始した。ユーザーへの納車は2021年第1四半期を予定する。

メルセデスAMGの高性能4ドアスポーツモデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が一部改良を実施

車種展開は以下の通り。
■クーペ
メルセデスAMG GT:1777万円
メルセデスAMG GT C:2243万円
メルセデスAMG GT R:2453万円
特別仕様車メルセデスAMG GT Night Edition:1999万円
■ロードスター
メルセデスAMG GTロードスター:1927万円
メルセデスAMG GT Cロードスター:2352万円
特別仕様車メルセデスAMG GTロードスター Night Edition:2153万円

 今回のマイナーチェンジは、標準モデルのメルセデスAMG GTおよびメルセデスAMG GTロードスターの商品改良がメインだ。まず、パワーユニットのM178型3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジンのセッティング変更を実施。2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトやクローズドデッキのアルミクランクケース、NANOSLIDEシリンダーウォール加工などの最先端エンジンテクノロジーはそのままに、最高出力は従来比+54psの530ps/5500~6750rpm、最大トルクは+40Nmの670Nm/2100~5250rpmに向上した。なお、メルセデスAMG GT Cに搭載する最大過給圧1.35barの178型3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(最高出力557ps/5750~6750rpm、最大トルク680Nm/2100~5500rpm)、メルセデスAMG GT Rに搭載する専用のターボチャージャーや制御プログラムを組み込んだ178型3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(最高出力585ps/6250rpm、最大トルク700Nm/2100~5500rpm)は、基本的に従来と共通である。

 駆動系に関しては、メルセデスAMG GTおよびメルセデスAMG GTロードスターに電子制御式のリミテッド・スリップ・デフを標準で装備したことがトピック。リアアクスルのコンパクトなトランスミッションハウジングに内蔵した電子制御式のリミテッド・スリップ・デフは制御がきめ細かく、かつ高速なため、走りの物理的限界を新たなレベルへと引き上げることに成功している。

 足回りについては、メルセデスAMG GTおよびメルセデスAMG GTロードスターに電子制御ダンピングシステムを組み込んだ「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を標準で装備する。「C(Comfort)」、「S(Sport)」、「S+(Sport Plus)」の3つのサスペンションモードが選択可能で、走行状況に応じて減衰特性を調整できるようにアレンジした。

 制動機構では、パワーアップに即してメルセデスAMG GTおよびメルセデスAMG GTロードスターのフロントブレーキを強化。強大な制動力を確保しながら耐フェード性にも優れる、ベンチレーテッド式ドリルドディスク(ディスク径Φ390mm)を備える強化コンポジットブレーキシステムを新たに採用した。

 安全システムとして、レーダーセーフティパッケージを全モデルに標準設定したことも訴求点だ。最適な車間距離を自動で維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をステアリングの微振動で警告する「レーンキーピングアシスト」、危険を察知した際に安全装備の効果を最大限に高める「PRE-SAFE(プレセーフ)」などで構成するレーダーセーフティパッケージの標準装備化によって、高性能スポーツカーとしての安全性をいっそう向上させている。

 ボディカラーについては、GT全モデルで新色のオブシディアンブラックとハイテックシルバーを追加設定する。同時に、イリジウムシルバー/イリジウムシルバーマグノ/マグネタイトブラック/AMGソーラービームはカタログから外れた。

 特別仕様車「メルセデスAMG GT Night Edition」に話を移そう。限定40台(クーペ35台、ロードスター5台)の販売となる同車は、メルセデスAMG GTおよびメルセデスAMG GTロードスターをベースに、内外装をブラック基調で精悍にまとめたことが特徴だ。

 まず外装では、専用デザインカーボンファイバールーフ(クーペ)およびブラックソフトトップ(ロードスター)、AMGエクステリアナイトパッケージ(ブラックパーツ:フロントスポイラーリップ/サイドエアアウトレットグリルフィン/ドアミラーカバー/サイドスカートインサート/ツインクロームエグゾーストエンド)、専用ヘッドライトデザイン(ブラックアクセント入り)、ブラッククロームフロントグリル、専用マットブラックペイント19/20インチAMG Yスポークアルミホイール、専用ブラックブレーキキャリパーなどを特別装備。ボディカラーはクーペがオブシディアンブラック(販売台数は右ハンドル10台/左ハンドル5台)または有償色(15万5000円)のグラファイトグレーマグノ(販売台数は右ハンドル15台/左ハンドル5台)、ロードスターがグラファイトグレーマグノ(販売台数は右ハンドル3台/左ハンドル2台)で彩っている。

 インテリアに関しては、センターコンソールEditionロゴプレートやピアノラッカーインテリアトリム、AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA)、フルレザーパッケージ(ブラック、ナッパレザー、ダイヤモンドステッチ入り)、AMGパフォーマンスシートパッケージ、AMGインテリアナイトパッケージ(ブラックパーツ:ステップカバー/ステアリングフレーム/シートインサート)などを特別装備。また、機能装備としてエッセンシャルパッケージ(シートヒーター/フットトランクオープナー/パーキングアシストフロントビューカメラ/パーキングアシストリアビューカメラ/パークトロニック/キーレスゴー/プライバシーガラス/テレビ[12セグ/ワンセグ自動切替])を組み込んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します