サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・ノア/ヴォクシー 5ナンバー消滅 3ナンバー化のみになった本当の理由

ここから本文です

ノア/ヴォクシー 5ナンバー消滅

あれ? そうきたか。

【画像】見た目、ぎらり 大きく変わった新型ノア/ヴォクシー【詳細写真】 全92枚

新型のトヨタ・ノアのスペックを見て驚いたのは、エアロ仕様だけでなく標準グレードも3ナンバー化されたことだ。

全長は4695mmと先代同様だが、全幅が1730mmとなり5ナンバー枠をはみ出している。

つまり、ボディそのものが3ナンバーサイズで作られているのだ。

ノアとヴォクシーは、先代はもちろん、先々代の時代から「標準ボディが5ナンバー、エアロ仕様はバンパーなどを大型化することで3ナンバー」という作り分けがおこなわれてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ