現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!!

ここから本文です

ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!!

掲載 15
ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!!

 BYDは2024年5月15日、メキシコで新型ピックアップトラックのSHARKを発表した。こいつは日本市場でハイラックスやトライトンのライバルになるのか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:BYD

ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!!

■BYD海洋シリーズ初のピックアップトラック!

BYDとしては初の海外(メキシコ)での新車発表となったSHARK

 BYD海洋シリーズとなるその名のとおり、フロントフェイスはグリルとフロントヘッドライトが一体化されたアグレッシブな造形となっている。特にヘッドライト周辺に配置されたLEDの造形はライバルと目されるフォードF-150ライトニングにも通じるデザインだ。

 BYDが中国国外でニューモデルの発表を行ったのは今回が初めてとなる。同社北米事業の担当者によれば、メキシコ国内はピックアップトラックの需要が急増していることを受け、発表会場に選んだそうで、まずはメキシコ市場での発売からスタートするのだという。

全長5457×全幅1971×全高1925mm、ホイールベース3260mmという堂々たるボディを持つSHARK

 SHARKのボディサイズはピックアップトラックとしてはこのクラス最大級となる全長5457×全幅1971×全高1925mm、ホイールベースは3260mm。アプローチアングルは31度、ディパーチャーアングルは19.3度、満載時地上高は210mmとなる。カーゴボックス容量も1450Lを確保している。

 メキシコでの車両本体価格は89万9980~96万9800メキシコペソ、約38万6600~41万6500元(約775万~約840万円)。



記事リンク















前の記事





ライズよりちょいデカで200万円!? しかもEVってマジかよ!! BYDのコンパクトSUVがお見事すぎる!! 内装もヤバいのよ















次の記事





[新型カローラクロス]が超絶イケメン顔に!! さらに人気爆増でバカ売れ必至!? 日本導入熱望の国産車たち















■世界初となる縦置き電気ハイブリッドシステム(EHS)搭載

DMO(オフロードプラグインスーパーハイブリッドプラットフォーム)を採用するSHARK

 SHARKのパワートレーンは、1.5Lターボ エンジンと電気モーターで構成されたプラグインハイブリッド。フロントモーターは最高出力170kW(231ps)、リアモーターは最大トルク310Nmを発揮し、出力 150kW (204 ps)、最大トルク 340 Nm を合わせたシステム出力は 430 psを超える。0-100km/h加速は5.7秒、バッテリー容量は29.58kWhで総合航続距離は840km。

 インテリアはBYDインテリアデザインディレクターのミケーレ・パガネッティ氏によって手がけられた。アウトドアスポーツの実用的な機能性と現代性、美しいデザインと堅牢性を兼ね備えているとBYDでは主張する。

SHARKのインパネ。非常にモダンな印象のインテリアに仕上げられている

 このほか、インテリジェント音声、540度の超広角パノラマイメージング、シンギングバーなどの機能を内蔵した回転可能な12.8インチの回転式中央コントロールスクリーンと10.25インチのLCDインパネが装備されるほか、Apple CarPlay/Andriod Auto携帯電話の相互接続もサポートしている。

 また、運転席の6ウェイ電動調整パワーシートにはシートヒーターやベンチレーションも装備。

スーパーハイブリッドアーキテクチャの採用により、総走行距離の最大 80% で電気モーターの推進が優先され、非常にスムーズな乗り心地を実現したという

 今後、日本市場に入るかどうかは未定だが、ハイラックスにトライトンとピックアップトラックが一定の需要を持つだけに期待してもよさそうだ。

【画像ギャラリー】BYD初のハイブリッドピックアップトラック、SHARKを写真でCHECK!!(29枚)

投稿 ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

クルマも家も快適な新アイテム5選!ソーラーライト/高圧洗浄ノズル ほか【動画あり】
クルマも家も快適な新アイテム5選!ソーラーライト/高圧洗浄ノズル ほか【動画あり】
グーネット
クルマ選びの新基準!「JU埼玉 適正販売店 認定中古車」がおすすめなワケ。
クルマ選びの新基準!「JU埼玉 適正販売店 認定中古車」がおすすめなワケ。
グーネット
ディーラーOPチラシで見る“名車・迷車の魅力”『ISUZU ビッグホーン(初代)』
ディーラーOPチラシで見る“名車・迷車の魅力”『ISUZU ビッグホーン(初代)』
グーネット
アウディ、ニュル最速の市販SUV『RS Q8パフォーマンス』を本国発表。最高出力は640PSに
アウディ、ニュル最速の市販SUV『RS Q8パフォーマンス』を本国発表。最高出力は640PSに
AUTOSPORT web
ついに新型 [スペーシアギア]が秋に登場!! 大人気の先代に続いてバカ売れなるか!?
ついに新型 [スペーシアギア]が秋に登場!! 大人気の先代に続いてバカ売れなるか!?
ベストカーWeb
ハンガリーGPのペースに改善の兆しを見るフェラーリF1代表「充分ではないが、大きく盛り返した」
ハンガリーGPのペースに改善の兆しを見るフェラーリF1代表「充分ではないが、大きく盛り返した」
AUTOSPORT web
【24’ 7/22最新】レギュラーガソリン平均価格175.4円 2週連続の値下がり
【24’ 7/22最新】レギュラーガソリン平均価格175.4円 2週連続の値下がり
グーネット
トンネルで時速335キロを達成するのは実はカンタンじゃなかった! ベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」の偉業の舞台裏を紹介します
トンネルで時速335キロを達成するのは実はカンタンじゃなかった! ベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」の偉業の舞台裏を紹介します
Auto Messe Web
新型[ハリアー]は1.5LターボHEV搭載が有力か!? 新世代エンジンで[期待度爆上がり]の最新情報
新型[ハリアー]は1.5LターボHEV搭載が有力か!? 新世代エンジンで[期待度爆上がり]の最新情報
ベストカーWeb
Cardo(カルド)のバイク用インカム PACKTALK シリーズの最上位機種「PACKTALK PRO」が7/26発売!
Cardo(カルド)のバイク用インカム PACKTALK シリーズの最上位機種「PACKTALK PRO」が7/26発売!
バイクブロス
“ル・マンの悲劇”の原因は「明確に特定」。アルピーヌA424、今季中にエンジンをアップデートへ
“ル・マンの悲劇”の原因は「明確に特定」。アルピーヌA424、今季中にエンジンをアップデートへ
AUTOSPORT web
「究極」の高速3シリーズ BMWアルピナ B3 GT ツーリングへ試乗 本物の最後は限定75台!
「究極」の高速3シリーズ BMWアルピナ B3 GT ツーリングへ試乗 本物の最後は限定75台!
AUTOCAR JAPAN
6万2980円の「大人レゴ」登場! 3893ピースの「マクラーレンP1」のV8エンジンやサスペンションは組み立てに没入できる作り込みで後悔させません!
6万2980円の「大人レゴ」登場! 3893ピースの「マクラーレンP1」のV8エンジンやサスペンションは組み立てに没入できる作り込みで後悔させません!
Auto Messe Web
3年ぶりエミル・フレイが勝利の美酒。ウインワードAMGはBMWとの接戦を制する/GTWCヨーロッパ第5戦
3年ぶりエミル・フレイが勝利の美酒。ウインワードAMGはBMWとの接戦を制する/GTWCヨーロッパ第5戦
AUTOSPORT web
”全長10m”の「3列6人乗りマシン」公開! 超豪華内装&画期的な「車幅広がる機能」がスゴイ! 走る家「アレグロブリーズ」の“お値段”とは
”全長10m”の「3列6人乗りマシン」公開! 超豪華内装&画期的な「車幅広がる機能」がスゴイ! 走る家「アレグロブリーズ」の“お値段”とは
くるまのニュース
水素はまだ「未来のエンジンの燃料」になり得る 自動車がもっと面白くなるかもしれない
水素はまだ「未来のエンジンの燃料」になり得る 自動車がもっと面白くなるかもしれない
AUTOCAR JAPAN
怒るフェルスタッペンを擁護するレッドブルF1代表「乱気流の難しさを過小評価していた」とピット戦略以外の反省点も挙げる
怒るフェルスタッペンを擁護するレッドブルF1代表「乱気流の難しさを過小評価していた」とピット戦略以外の反省点も挙げる
AUTOSPORT web
ノリスを先にピットインさせる戦略の根底に、責任を負い「状況を管理する」マクラーレン代表の意図/F1第13戦
ノリスを先にピットインさせる戦略の根底に、責任を負い「状況を管理する」マクラーレン代表の意図/F1第13戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

15件
  • フルオーバーホール
    売れねぇーよ
  • llk********
    中国お好きなんですかね。フロントマスクなんて何処ぞのメーカーのトラックにそっくりですけど、そこは誰も突っ込まない?お金でももらっているのでしょうか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.4290.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.0483.5万円

中古車を検索
カローラクロスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.4290.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.0483.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村