サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】アウディ Q3 /Q3 スポーツバック │クーペスタイルも加わった使い勝手の良いコンパクトSUV!

ここから本文です

【試乗】アウディ Q3 /Q3 スポーツバック │クーペスタイルも加わった使い勝手の良いコンパクトSUV!

人気のクーペスタイル、スポーツバックを追加

アウディのコンパクトSUV、Q3が8年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジした。

アウディQ3のカタログはこちら

基本骨格はVWグループが共通化を進める「MQB」となり、運転支援システムをはじめデジタル系の機能が進化。また、この世代より派生車種としてクーペスタイルのQ3スポーツバックというモデルも用意された。

しかし、これまでアウディのSUVクーペといえば、Q2やQ8など偶数が使用されてきたこともあり、SUVはQ3、SUVクーペはQ4と分けた方がわかりやすい気もする。将来的にQ3より上位クラスのSUVクーペの商品展開が予定されているのか、はたまたアルファロメオの4WDシステム「Q4」との登録商標と干渉するのか、スポーツバックとした本当の理由は定かではないが、アウディ初のBEV、e-tronでもクーペをスポーツバック(以下SB)と名付けており、この路線でいくということだろう。 

機敏なハンドリングのスポーツバック

ボディサイズはQ3が全長4490mm、全幅1840mm、全高1610mm。スポーツバックは全長4500mm、全幅1840mm、全高1565mmと、スポーツバックの方が10mm長く、45mm低いことでスポーティさを強調している。外観上の違いはスタイリングの他、わかりやすい識別点としては、グリル形状がQ3は格子型なのに対して、スポーツバックがハニカム型。Q3にあるルーフレールが、スポーツバックにはないというところ。

日本仕様のパワートレインは、最高出力150ps、最大トルク250N・mを発揮する1.5L直4ターボの35TFSIと、最高出力150ps、最大トルク340N・mを発揮する2L直4ターボディーゼルの35TDIに7速DCTの組み合わせ。駆動方式は前者の35TFSIがFF、後者の35TDIがクワトロ4WDとなる。

インテリアには、Qシリーズの証しであるオクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがダッシュパネルなどにあしらわれている。また、10.25インチのフル液晶ディスプレイ式デジタルメーターをはじめ、タッチ操作式のディスプレイ、最新のドライバーアシスタンスシステムなど、新プラットフォームの恩恵が随所に見てとれる。

また室内空間は、旧型比で75mm長くなったホイールベースにより特に後席の居住空間が拡大。リアシートは前後スライドやリクライニングが可能で、クーペスタイルのスポーツバックでも178cmの大人が座って窮屈でないスペースが確保されている。ラゲージスペースも旧型比で70L拡大した530LとなりこれはQ3もスポーツバックも共通。リアシートを格納した際の容量はQ3は最大1525L、 スポーツバックは1400Lとなるが、日常での使い勝手にはそれほど差はないだろう。 車両重量はQ3もスポーツバックもカタログ上はほぼ同じで、35TFSI+FFモデルが1530kg、35TDI+クワトロモデルが1700kgと約170kgの差となる。それもあって前者の方が動きは軽快なので市街地をメインに使うならやはりガソリンモデルがいいだろう。

かといって、ディーゼルモデルが重く感じるというわけではない。340N・mのトルクがあるので十分にスポーティな加速が可能だ。

ディーゼルモデルでQ3とスポーツバックの乗り比べもしてみたが、車高の低さもあって後者の方がより機敏なハンドリングだった。そして、惜しむらくはスポーツバックの1565mmという全高で、あと15mm低ければ一般的な立体駐車場にだって入る。

いずれにせよ、サイズとしても価格帯としても日常使いしやすいモデルだ。そして“スポーツバック”をラインナップに加えたことによって、競合車とは一線を画す新たな魅力を手に入れた。 文/藤野太一、写真/篠原晃一【試乗車 諸元・スペック表】●Q3スポーツバック 35 TDI クワトロ Sライン ディーゼルターボ 4WD型式3DA-F3DFGF最小回転半径5.4m駆動方式4WD全長×全幅×全高4.52m×1.86m×1.57mドア数5ホイールベース2.68mミッション7AT前トレッド/後トレッド1.58m/1.59mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量1710kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量-kgミッション位置フロア最低地上高0.19mマニュアルモード◯標準色アイビスホワイト、ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、デイトナグレーパールエフェクト、ターボブルー、タンゴレッドメタリック、クロノスグレーメタリックオプション色-掲載コメント-型式3DA-F3DFGF駆動方式4WDドア数5ミッション7ATAI-SHIFT-4WS-標準色アイビスホワイト、ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、デイトナグレーパールエフェクト、ターボブルー、タンゴレッドメタリック、クロノスグレーメタリックオプション色-シート列数2乗車定員5名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径5.4m全長×全幅×全高4.52m×1.86m×1.57mホイールベース2.68m前トレッド/後トレッド1.58m/1.59m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量1710kg最大積載量-kg車両総重量-kg最低地上高0.19m掲載用コメント-エンジン型式DFG環境対策エンジン-種類直列4気筒DOHC使用燃料軽油過給器ターボ燃料タンク容量63リットル可変気筒装置◯燃費(10.15モード)-km/L総排気量1968cc燃費(WLTCモード)15.4km/L└市街地:11.9km/L└郊外:15.2km/L└高速:17.7km/L燃費基準達成-最高出力150ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm340(34.7)/3000エンジン型式DFG種類直列4気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置◯総排気量1968cc最高出力150ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm340(34.7)/3000環境対策エンジン-使用燃料軽油燃料タンク容量63リットル燃費(10.15モード)-km/L燃費(WLTCモード)15.4km/L└市街地:11.9km/L└郊外: 15.2km/L└高速: 17.7km/L燃費基準達成-●Q3 35 TFSI Sライン型式3BA-F3DPC最小回転半径5.4m駆動方式FF全長×全幅×全高4.5m×1.84m×1.61mドア数5ホイールベース2.68mミッション7AT前トレッド/後トレッド1.58m/1.59mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量1530kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量-kgミッション位置フロア最低地上高0.19mマニュアルモード◯標準色アイビスホワイトオプション色ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、デイトナグレーパールエフェクト、パルスオレンジ、ターボブルー、タンゴレッドメタリック、クロノスグレーメタリック掲載コメント-型式3BA-F3DPC駆動方式FFドア数5ミッション7ATAI-SHIFT-4WS-標準色アイビスホワイトオプション色ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、デイトナグレーパールエフェクト、パルスオレンジ、ターボブルー、タンゴレッドメタリック、クロノスグレーメタリックシート列数2乗車定員5名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径5.4m全長×全幅×全高4.5m×1.84m×1.61mホイールベース2.68m前トレッド/後トレッド1.58m/1.59m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量1530kg最大積載量-kg車両総重量-kg最低地上高0.19m掲載用コメント-エンジン型式DPC環境対策エンジン-種類直列4気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器ターボ燃料タンク容量60リットル可変気筒装置◯燃費(10.15モード)-km/L総排気量1497cc燃費(WLTCモード)14.2km/L└市街地:11.1km/L└郊外:14.3km/L└高速:16km/L燃費基準達成-最高出力150ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm250(25.5)/3500エンジン型式DPC種類直列4気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置◯総排気量1497cc最高出力150ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm250(25.5)/3500環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量60リットル燃費(10.15モード)-km/L燃費(WLTCモード)14.2km/L└市街地:11.1km/L└郊外: 14.3km/L└高速: 16km/L燃費基準達成-

アウディQ3のカタログはこちらカーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します