サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダの2021年3月期決算、44%の最終増益 中国販売などが牽引

ここから本文です
 ホンダは14日、2021年3月期の最終利益が前年同期比44・3%増の6574億円だったと発表した。3期ぶりの増益。新型コロナウイルス感染拡大や半導体供給不足などマイナス要因があったが、損失引当金の計上差に加え、販売費の抑制やコストダウン効果が収益を下支えした。22年3月期の営業利益は米国と中国での販売増を見込み、21年3月期実績と同水準を確保する。

 売上収益は同11・8%減の13兆1705億円と、新型コロナ感染拡大の影響などを受けてすべての事業が振るわず、2期連続の減収となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン