サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃費向上にライトの明るさアップなどの「謎チューン」! 2000年代に流行した「アーシング」の真実

ここから本文です

電気の抵抗を減らすことで性能が向上する

 1990年代の後半にスポットを浴び大流行となった、アーシングと呼ばれる電装系のチューニング。電気の抵抗を減らすことで燃費などがアップしたのだが、主としてエンジンルームに施工されることが多かった。今回はその発祥やよく謳われる効果、最新のパーツなどをリサーチしてみた。

買わない理由が見つからない! アッという間に「元が取れる」5000円以下のクルマのメンテ工具5つ

 クルマ好きならアーシングという言葉を一度は聞いたことがあり、電装系のカスタムであることも知ってはいるだろう。しかし効果に関しては「めちゃめちゃ変わる!」という推進派から「体感できるほどの差はない」と考える人までバラバラ。

おすすめのニュース

サイトトップへ