サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パナソニック:全固体電池の充放電中のリチウムイオンの動きをリアルタイムで観察する技術を開発

ここから本文です
パナソニックは、ファインセラミックスセンター(JFCC)および名古屋大学未来材料・システム研究所と共同で、透過電子顕微鏡法と機械学習を用いて、バルク型および薄膜型の全固体電池内部のリチウムイオンの動きをナノメートルスケールでリアルタイム観察する技術を開発した。

 本技術によってリチウムイオン移動抵抗の可視化が可能になり、正極物質内部の結晶粒界の影響で、リチウムイオンが複雑な拡散過程をともなって充放電していることが解明された。これにより、高性能な全固体電池の設計指針が明確になり、今後の全固体電池の開発に大きく貢献する。

おすすめのニュース

サイトトップへ