サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスベンツ Cクラス 次期型、20年末デビューに向け開発佳境か…最新LEDは600m照射

ここから本文です
メルセデスベンツ『Cクラス』次期型プロトタイプが、極寒のスカンジナビアでテストをおこなう様子をスクープした。1日あたり500km走破という過酷なテストが課せられているという。

次期型には、『Eクラス』と共有するFRプラットフォーム「MRA2」のアップデート版が採用され、ボディサイズはそのままにフットプリントが向上するとみられる。MRA2は従来と比べてわずかに軽量で、一部のコンポーネントは次世代のメルセデスベンツ「EQ」モデルに使用されるEVA(電気自働車アーキテクチャ)と共有している。

おすすめのニュース

サイトトップへ