サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿の無念を晴らすレッドブル・ホンダのダブル表彰台。王者に向けた総力戦とホンダホワイトの結束

ここから本文です

 2021年F1第16戦トルコGPでレッドブル・ホンダはダブル表彰台を獲得した。本来ならこの週末、彼らは鈴鹿サーキットでホンダの母国レースを戦っているはずだった。その無念を少しでも晴らすかのように、マシンは往年のホンダホワイトに全面変更された。

 これは1965年メキシコGPで劇的優勝を遂げたRA272を模したカラーリングだ。さらにマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)も、当時の雰囲気あふれるレーシングスーツを着用した。

「ホンダ勢が糸で繋がっているようなレースを見せてくれた」4名の好走が光ったトルコGP/ホンダ山本MDインタビュー

「白いスーツのふたりが表彰台に立ち、その下には同じように白いマシンが2台並んでいた。

おすすめのニュース

サイトトップへ