サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表「スタートを決めて確実に優勝を。マクラーレンにも警戒」/F1第14戦スプリント予選

ここから本文です
 2021年F1イタリアGPの土曜スプリント予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは9番手だった。トップでフィニッシュしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)が決勝でグリッド降格ペナルティを受けるため、フェルスタッペンはグリッド1番手、ペレスは8番手からのスタートになる見込み。

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 今日、ポイントとポールポジションを獲得できたことに感謝する。ターボハイブリッド時代にここでポールからスタートするのは初めてのことだ。1周目にポジションを失わないことが重要になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ