サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル、ホンダPU継続使用が実現しない場合は“F1活動の見直し”も「これは脅しではない」

ここから本文です
 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、2021年限りでF1活動を終了するホンダのパワーユニット(PU)を、2022年以降も引き続き使っていくことで合意したと認めている。

 しかしながら、それは2022年以降のPU開発が凍結される場合にのみ実現する。レッドブルには、ホンダから受け取ったPUを自社で開発していくリソースがないからだ。マルコは仮にPU開発凍結が実現しない場合、レッドブルが「F1に関して抜本的な見直しをする」と語っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ