サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カテゴリーの垣根を越えたイベント『モースポフェス2020』3月7~8日に鈴鹿で開催

ここから本文です

カテゴリーの垣根を越えたイベント『モースポフェス2020』3月7~8日に鈴鹿で開催

カテゴリーの垣根を越えたイベント『モースポフェス2020』3月7~8日に鈴鹿で開催

 鈴鹿サーキットは2020年3月7~8日の2日間、モータースポーツカテゴリーの垣根を越えたイベント『モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』を開催する。

 このモースポフェスは、例年国内モータースポーツシーズン開幕前に行われてきたモータースポーツファン感謝デーが生まれ変わる形で2019年からスタートしたもの。

鈴鹿サーキットとNTTドコモが連携協定締結。次世代ネットワーク5Gを活用した新競技の開催も検討

 開催初年度となった2019年は、レッドブル・ホンダカラーのF1マシンやWECのトヨタTS050ハイブリッド、WRCのトヨタ・ヤリスWRCなど、参戦カテゴリーだけでなく、メーカーの垣根を越えたマシンが集結。ホンダの八郷隆弘社長とトヨタの豊田章男社長が姿を見せたことでも話題を呼んだ。

 そんなモースポフェスが2020年も継続開催されることになった。具体的な参加車両やドライバー、開催コンテンツなどは12月中旬以降、イベント公式サイトで随時公開される予定。

 このイベントもモースポフェス2019やファン感謝デーと同様に、公式サイト上で配布されている特別ご招待券があれば、無料で入場可能。イベントをより堪能できる各種前売り券は、2020年1月5日から鈴鹿サーキットの公式オンラインショッピングサイト『MOBILITY STATION』で発売される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します