サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転レベル3の最高速を130km/hに引き上げ…日本提案がWP29で合意

ここから本文です
国土交通省は6月24日、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で、高度な自動運転システムなど、日本が提案して議論をリードした国際基準が多数合意されたと発表した。

技術の高度化に対応するため、自動運転システムや、トラック、バスなどの衝突被害軽減ブレーキシステムの国際基準の改正で合意した。具体的には、自動運転レベル3(システムの要請に応じた自動運転)について高速道路での60km/h以下としていたが、130km/h以下に上限速度を引き上げるとともに、乗用車は車線変更を可能とする。

おすすめのニュース

サイトトップへ