サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】インプレッサWRX STI スペックCは、軽量化とボールベアリングターボで速さをきわめた【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、スバル インプレッサ WRX STI スペックCだ。

スバル インプレッサWRX STI スペックC(2010年:車種追加)
走りにこだわりを持ち続けるスバルの、代表的なモデルがインプレッサだ。1.5Lのエントリーグレードを用意する一方、トップモデルのWRX STIにはシンメトリカルAWDに2Lターボエンジンを組み合わせ、スポーツモデルとして日々進化し続けている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン