サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、自社工場でのカーボンニュートラル達成を2050年から2035年に前倒し

ここから本文です

ヤマハ発動機は6月28日、2050年のカーボンニュートラルを目標とした「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」(2021年7月発表)のうち、海外を含む自社工場における目標達成時期を2035年へ前倒しすると発表した。

ヤマハ発動機グループ環境計画2050では、企業活動における自社のCO2排出量を2010年実績に対し、2030年に50%、2035年に54%、2050年までに90%削減する目標を設定していた。

同社はこの目標達成に向けて、理論値エナジーと工程革新によるエネルギーの「最少化」と、再エネ導入と化石フリーによる「クリーン化」を軸とした活動を推進。

おすすめのニュース

サイトトップへ