サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選Q2進出も見えた? ウイリアムズ、マシンの進歩に自信「有望なスタートが切れそう」|F1オーストリアGP

ここから本文です

 ウイリアムズの車両性能責任者であるデイブ・ロブソンは、2019年は一度も達成できなかった予選Q2進出のチャンスが、オーストリアGPの予選で見えたと語った。

 ウイリアムズは、ルーキーのニコラス・ラティフィが予選20番手に終わったものの、ジョージ・ラッセルはアルファロメオの2台を上回り17番手。15番手のロマン・グロージャン(ハース)と0.073秒の僅差でQ2進出を逃している。

【動画】2020F1オーストリアGP予選ハイライト

「全てが完璧だったなら、おそらく彼(ラッセル)にはQ1通過できるだけのペースがあったと思う」

 ロブソンはそう語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン