サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIAと各F1チームのテクニカルディレクターが今週中にも集合へ。ポーパシング解決へ向け話し合い

ここから本文です

 今シーズンのF1は、フロア下で発生するダウンフォース量が増減することでマシンが上下動するポーパシング現象に見舞われており、先日行なわれたカナダGPの際には、FIAが介入に向けて一歩踏み出した。

 これを受けて各F1チームの技術陣の主要人物が今週中にもFIAと会談を行ない、ポーパシング論争に関する解決策を見出すために話し合う予定であることが分かった。

■メルセデス代表、激怒! ”2本目のステー”許さない他チームの対応は「哀れだし、不誠実」

 多くのマシンがポーパシング、あるいはバウンシングと呼ばれる現象に見舞われているのは、シーズン開幕前のテストの時点から明るみに出ていた。しかし、この問題が本当の意味で深刻化したのは、アゼルバイジャンGPのことだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ