サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SKYACTIV-Xやロータリー電動車投入も期待と不安 マツダ新エンジン戦略の行方

ここから本文です

 強化される燃費規制に対応できる? SKYACTIV-Xや新しい直列6気筒エンジン、ロータリーエンジンを活用した電動化やPHEV……。マツダのパワーユニット戦略に潜む期待と不安とは?

 マツダは、コロナ禍を受け中期経営計画の見直しを2020年7月に行った。

マツダ次期CX-5は高級SUVに生まれ変わる!! マツダ新型車戦略の全情報

 丸本明社長体制後の昨2019年、中期経営計画を発表しているが、コロナ禍という想定外の状況や、米国カリフォルニア州が2035年にエンジン車の販売を禁止するとし、英国もエンジン車販売の禁止を前倒しして2030年に実施するなどエンジン車販売の厳しい情勢変化も関係しているはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ