サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初のニュル挑戦、山下のSF初優勝。嬉しさと悔しさが残る2019年/KONDO Racing・近藤真彦監督インタビュー

ここから本文です
 2019年、これまで活動していたスーパーGT GT500クラス、全日本スーパーフォーミュラ選手権に加え、GT300ではリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rを、そしてニュルブルクリンク24時間にニッサンGT-RニスモGT3を投入するなど、新たな挑戦を続けて来たKONDO Racing。その挑戦を牽引し続けてきた近藤真彦監督に、2019年の活動と2020年に向けて聞いた。

 近藤監督率いるKONDO Racingは、2019年はスーパーGT GT500クラスにリアライズコーポレーション ADVAN GT-Rを投入し、高星明誠とヤン・マーデンボローがドライブ。

おすすめのニュース

サイトトップへ