サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 対向車が来てもハイビームのままでOK! アダプティブヘッドライトってどんな仕組み?

ここから本文です
夜間はハイビームで遠くまで照らすのが正義

 もともとクルマのヘッドライトについては、ハイビームが基本だ。それは日本語での正式名称からも明らかで、ハイビームは「走行用前照灯」、ロービームは「すれ違い用前照灯」となっている。ハイビームはロービームより倍以上遠くを照らすことができるため、暗い夜道での歩行者であったり、不意の障害物であったりをいち早く認識することができる。可能な限り遠くまで照らして状況把握を行なうのはアクシデントを避けるためには正しい行為といえる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン