サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 対向車が来てもハイビームのままでOK! アダプティブヘッドライトってどんな仕組み?

ここから本文です

対向車が来てもハイビームのままでOK! アダプティブヘッドライトってどんな仕組み?

夜間はハイビームで遠くまで照らすのが正義

 もともとクルマのヘッドライトについては、ハイビームが基本だ。それは日本語での正式名称からも明らかで、ハイビームは「走行用前照灯」、ロービームは「すれ違い用前照灯」となっている。ハイビームはロービームより倍以上遠くを照らすことができるため、暗い夜道での歩行者であったり、不意の障害物であったりをいち早く認識することができる。可能な限り遠くまで照らして状況把握を行なうのはアクシデントを避けるためには正しい行為といえる。

「夜間走行はロービーム? ハイビーム?」 本当に正しいヘッドライトの使い方

 とはいえ、ロービームが「すれ違い用」と名付けられ、実質的にはデフォルトの前照灯として使われている理由は、ハイビームで走っていると対向車や前走車にとって眩しく、相手の視界を悪くしてしまうという欠点があるからだ。また、歩行者なども眩しく感じてしまう。

 本来であればハイビームとロービームを適切に切り替えて走るべきだが、迷惑をかけないようにするにはロービームが基本となっている。検知能力のネガは承知の上で、お互いに迷惑をかけないような円滑な交通社会を優先しているのが現状だ。

 そうした状況をハードウェアの進化で変えようというのが昨今の流れだ。オートマチックハイビームなどと呼ばれる自動ハイ/ロー切り替えシステムは広く普及している。基本的にはハイビームにしておき、車載カメラによって前方の車両などを見つけるとすぐさまロービームに切り替えるという仕組みだ。これならばドライバーの手間もかからないので、可能な限りハイビームで遠くまで照らすことができる。安全運転につながる装備だ。

対向車などに検知して照射範囲を自動調整

 その自動切り替えシステムをさらに発展させたといえるのが「アダプティブヘッドライト」などと呼ばれるハイビーム自動調光システムである。これは前走車や対向車の部分だけを避けるように照射範囲を自動制御するというもので、周囲に迷惑をかけないようにしながら、可能な限り遠くまで光を届かせることができる。

 とくにAEBの制御などにカメラセンサーを使っているクルマにおいてはヘッドライトでの照射範囲は、そのままセンサー能力に直結する。メーカーによって呼び名は異なるが、今後採用の拡大が期待できる先進安全装備のひとつだ。

調光方式は大きくわけて3パターンがある

 アダプティブヘッドライトが照射範囲を調整する方式は大きく3つある。主流といえるのが「アレイ式」だ。仕組みとしてはLED多灯型のヘッドライトを使い、それぞれのLEDをオン/オフすることで照射範囲をコントロールしようというものだ。トヨタ/レクサスやマツダ車の採用例が目立つ。

 そのほか「シェード式」もある。先代のレクサスLSに採用されるなど10年近く前から存在する方式で、可動式シェードにより配光パターンを変えるというもの。アレイ式に比べると調整範囲は大雑把になる印象もあるが、歴史のある仕組みだけに安心感のあるシステムだ。現行モデルでの採用例としてはスバル・フォレスターがあげられる。

 最後に紹介する最新の方式が「ブレードスキャン式」。レクサスRXに採用される世界初の調光システムだ。基本構造は、LED光源をミラータイプのブレードに当て、その反射光により前方を照らすというもの。

 斜めに置かれたブレードが回転することで左から右へと照射するが、高速回転しているため人間の目には前方をしっかりと照らしているように見えるという構造になっている。そして、前方の状況をカメラなどで検知、対向車など照らしたくない部分だけ光源をオフにすれば無段階に照射範囲をコントロールできるというわけだ。

 このようにアダプティブヘッドライトは日々進化している。トヨタの調査によると自動ハイビームシステムによってハイビームになる作動率は20%程度だというが、アダプティブヘッドライトにすることでハイビームの作動率は85%まで上がるという。すなわち夜間の安全性を向上させる効果が大きいということ。前述したように先進運転支援システムにとってもアダプティブヘッドライトは有効であり、ますます進化・普及が進むことだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します