サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボッシュが「ヘルプコネクト」開発、自動で事故を検出し情報を送信…コネクテッドワールド2020で展示予定

ここから本文です

ボッシュ(Bosch)は2月12日、ドイツで2月19日に開幕する「コネクテッドワールド2020」において、「ヘルプコネクト」を初公開すると発表した。

ヘルプコネクトは、命を救うコネクテッド製品として開発された。事故に遭った人に対して、場所や車種を問わず、迅速なサポートを行う。

ヘルプコネクトは、スマートフォンアプリとして利用可能なコネクトソリューション。救命情報をボッシュのサービスセンター経由で、緊急サービスに送信する。このソリューションでは、たとえばスマートフォンのセンサーや車両の支援システムを介して、自動で事故を検出する。

おすすめのニュース

サイトトップへ