サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ハスラー」でも「ジムニー」のライバルでもない! 絶好調タフトの「絶妙な立ち位置」と「強み」

ここから本文です

 軽自動車にはめずらしい「スカイフィールトップ」を採用

 ダイハツの新型軽クロスオーバーのタフトが販売好調だ。2020年6月10日の発売から1カ月で月販販売台数目標の”控え目”な4000台に対して、なんと約4.5倍の約18000台に達したという。空前のSUV、クロスオーバーブームが後押ししたことは間違いないが、タフトに関して、多くの人が勘違いしているかもしれないことがある。

しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

 それは、タフトがスズキ・ハスラーのガチライバルではないか? ということだ。ダイハツには以前、キャスト・アクティバというモデルがあり、それは間違いなくハスラーの対抗馬だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ