サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【2020輸入車大予想05】ポルシェ カイエンクーペやアストンマーティンDBXなど大物SUVが襲来

ここから本文です

【2020輸入車大予想05】ポルシェ カイエンクーペやアストンマーティンDBXなど大物SUVが襲来

2020年、注目のあの輸入車はいつ日本にやってくるのか。関係者のコメント、市場動向などの取材をもとに、Motor Magazine誌では徹底検証している。(以下の記事は、Motor Magazine 2020年2月号より、タイトル写真は ポルシェ カイエンクーペ )

SUVという概念では括りきれないほど個性は多彩に
ここからはジャンルごとにニューモデル導入を予想していこう。やはり目立つのが人気のSUVセグメント。中でも話題になっているのが、アストンマーティン初のSUVとなるDBXの導入だ。ラグジュアリースポーツカーメーカーが開発したモンスターSUVはどんなパフォーマンスを持っているのか。まだプロトタイプが走り始めたばかりだが、昨年2019年には日本でも公開されており、2020年中には上陸という噂が流れている。導入時期は2020年第4四半期になりそうだ。

【くるま問答】アイドリングストップ機能はよいことばかりではない。OFFスイッチはいつ使う?

ランドローバー ディフェンダーも注目の1台。このジャンルで主役となりつつある都会派SUVとは一線を画す本格オフローダーはすでに先行予約が始まっている。ポルシェでは、マカンの高性能バージョン「GTS」とともに、カイエンクーぺの導入が始まる。すでに国内発表は行われているが、ようやくデリバリーの準備が整いつつある。さらに、キャデラックの新型3列シートSUV「XT6」も2020年の輸入車市場を賑わす1台となりそうだ。

ランボルギーニからはウルスのスーパーバージョン「STX」が発表されている。ただし、このモデルはレース仕様というべきモデルで、公道でも走行できる仕様を開発中という噂もあるが、まだ未知数。期待が先行しているというところだ。

このセグメントにも電動化の波が押し寄せている。ボディ形態を考えるとむしろ電動化しやすく、ボルボXC40リチャージ、テスラ モデルY、DS3クロスバックETENSEといった多くのピュアEVの導入が予定されている。

このほか、異色なところでは、シトロエン ベルランゴとプジョー リフターという2台のMPV兄弟車が導入される。ルノーカングーの好敵手となるモデルだが、すでに日本でも話題を呼んでおり。どれだけの人気が得られるのか注目である。

アストンマーティン DBX日本導入予定 2020年第4四半期
アストンマーティン初のSUV、「DBX」は2019年11月に日本でも公開されている。ボディサイズは5039mm×1998mm×1680mmでホイールベースは3060mmとかなりのボリューム。足まわりや4WDシステムも凝っていて走破性も高い。エンジンは4L V8ツインターボで550ps/700Nmの実力だ。

ランドローバー ディフェンダー日本導入予定 2020年春
ランドローバーの始祖、シリーズ1の系譜を受け継ぐオフロード車。4年のブランクを経て再登場した2世代目は、車体をモノコック構造に改め、外観もポップな雰囲気に大変身した。現在オーダーできるのは先行予約モデルで、ショート/ロングの2種のボディに2Lのガソリンターボを搭載する。

ポルシェ マカン GTS 日本導入予定 2020年秋頃
マイナーチェンジで外観と走りをリフレッシュしたマカンにGTSが加わる。搭載される2.9LV 6ツインターボエンジンの出力は380ps/520Nmで、マイナーチェンジ前のGTSに対し20ps/20Nmのアップ。これにより0→100km/h加速は0.3秒短縮の4.7秒となった。PASMも特別チューンとなり車高が15mmダウン。より軽快なフットワークを得ている。

ポルシェ カイエンクーペ日本導入予定 2020年
ポルシェは国内発表を比較的早く行うのだが、デリバリーまでにはしばし時間がかかることが多い。カイエンクーペもそうした中の1台で、20年春ようやく導入が本格化しそうだ。エンジン展開はカイエンに準じて標準が3L V6の340ps、Sクーペが2.9L V6の440ps、そしてターボクーペが4L V8で550psの3種類。いずれもターボによる過給エンジンだ。

キャデラック XT6 日本導入開始 2020年1月
2019年12月3日に国内発表されたキャデラックの新しいSUV「XT6」は2020年1月から国内デリバリーが開始されている。キャデラックにはミッドサイズで2列5人乗りのXT5があるが、XT6は同じプラットフォームを使いつつ、全長を235mm、全幅を45mm拡大することで3列6人乗り(日本仕様の2列目はセパレート式)を実現している。気筒休止付き3.6L V6エンジンはXT5と共通で314ps。

ランボルギーニ ウルス ST-X 日本導入予定 未定
2020年に開催予定の、サーキットとオフロードを組み合わせた新しいワンメイクレースのために開発されたのがウルスST-X。現時点では純粋な競技車両である。ボディにカーボンを多用して25%ほど軽量化。室内にはロールケージが組まれ、燃料タンクもレース用に変更されている。レースはヨーロッパと中東のFIA公認サーキットで行われる予定で、いずれこれをベースとした市販車の登場が期待される。

ボルボ XC40 リチャージ 日本導入予定 2020年末以降
電動化を目指すボルボは、すでに高級EVのサブブランド、ポールスターを打ち出していたが、このXC40リチャージはボルボブランドから送り出される初のピュアEV。前後輪を個別のモーターで駆動する電動4輪駆動でシステム出力は408ps、1充電での走行可能距離は400kmとのこと。リチャージは今後ボルボのBEVとプラグインハイブリッドの総称になる。

DS DS3クロスバックE-TENSE 日本導入予定 2020年春頃
2019年10月から欧州での販売が始まった、DSブランド初のバッテリーEV。モーター出力は136ps/260Nmというから、これは日本導入済みの1.2Lピュアテックエンジン搭載車よりパワフルということになる。リチウムイオンバッテリーの容量は50kWhで、1充電の航続距離は320km(WLTPサイクル値)となっている。

テスラ モデルY 日本導入予定 2020後半以降
モデルYはモデル3をベースとして開発されたコンパクトSUV。モデルXの弟分と考えるとわかりやすい。ただしファルコンウイングドアは採用されない。室内は3列7人乗りも可能だ。出力とバッテリー容量、駆動方式の違いでなどで複数のグレード揃えるが、440万円という手頃さで話題となったスタンダードは日本サイトには掲載されていない。

シトロエン ベルランゴ 日本導入予定 2020年第3四半期
乗用車のリアを大きな箱型にした「フルゴネット」、ベラルンゴもそうしたジャンルの1台で、初代デビューは1996年と実は結構古くから存在するモデルだ。2020年から導入が始まるのはその3代目で、最新シトロエンに共通するファミリーフェイスが与えられている。ボディサイズは4403mm×1848mm×1844mmで、キャビンは相当広い。

プジョー リフター 日本導入予定 2020年第3四半期
日本ではミニバンと言った方がピンと来るだろうが、プジョーブランドで売られるフルゴネットがリフター。シトロエン ベラルンゴの兄弟車にあたるモデルだ。後部ドアは左右スライドだがサードシートは持たない5人乗り。リアシートは60:40の分割可倒式で折りたためば、5名乗車時の597Lから2126Lまで荷室スペースを拡大できる。パワーユニットは1.5Lディーゼル+8速AT。

[ アルバム : 2020年輸入車市場SUV はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します