サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新旧「CBR250RR」バトル! 2気筒(2019年)VS 4気筒(1990年)ハンドリング編

ここから本文です

ホンダ新旧「CBR250RR」バトル! 2気筒(2019年)VS 4気筒(1990年)ハンドリング編

かたや、1990年代の4気筒。かたや、2気筒の最新モデル。同じホンダ、同じ、CBR250RRという車名。時代背景やマシンの成り立ちは違えど、当代きってのスーパースポーツという基本コンセプト、そして走りにかける情熱は同じ。
新旧CBR250RRの徹底比較バトル、今回は「ハンドリング」編!

低重心型の4気筒と、人車一体感の2気筒
旧CBR250RRはレーサーレプリカ全盛期に開発され、4スト250cc車による『SP250F』レースで大活躍した。それだけに、ヒラヒラ軽くてシャープな動きを想像するだろうが、実際はベタッと路面に吸い付くような落ち着いたハンドリング。エンジン/フレームの重心位置を低くした車体に加え、低シート高によってライダーの重心位置も低い。

ホンダが「CB-F コンセプト」を世界初公開!

この「重心の低さ」が姿勢変化を穏やかにし、抜群の接地性能を生んでいる。さらに並列4気筒エンジンはカムシャフトやクランクシャフトが横長でジャイロ効果が大きく、安定性を高めている。逆に言えば寝かし込みや切り返しは重くなるが、もともと軽量なので、このハンドリングに不満はないだろう。

ツインスパータイプのメインフレームと、ガルアームと呼ばれる「への字形状」のスイングアームはアルミ製。剛性は高めで、サーキット走行でも車体の捻れは出ない。それだけに市街地走行では硬さを感じるが、前後サスペンションをややソフトな設定とすることで乗り心地の良さを確保している。

新CBR250RRは現行250スポーツモデルの中で最もスポーティなキャラクターだ。メインフレームはスチールパイプ製のトラス構造で、剛性は公道での速度域に合わせたもの。旧CBRよりハンドリングが軽く、旋回性も素直。スポーツライディングではフレームの適度なしなりによってタイヤの滑り出しが穏やかでコントロールしやすいことも大きな武器だ。

前後サスペンションはやや硬めで、急な加減速やコーナリングGをしっかり受け止める。車体姿勢の変化が少ないからライダーは積極的に操作でき、操作に対する車体の反応も鋭い。車体との一体感が高いライポジと併せ、このクラスには珍しく、スポーツライディングの楽しさを追求したハンドリングも魅力だ。

ホンダ「CBR250RR」(2019年)のフレームと足回り
ホンダ「CBR250RR」(1990年)のフレームと足回り
文:太田安治、月刊オートバイ編集部
写真:南 孝幸、松川 忍、島村栄二、BIKERS STATION(遊風社)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します