サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「MT-25」300km日帰りツーリング・インプレ! 250cc「で」イイ、じゃない、250cc「だから」イイのだ【現行車再検証】

ここから本文です

ヤマハ「MT-25」300km日帰りツーリング・インプレ! 250cc「で」イイ、じゃない、250cc「だから」イイのだ【現行車再検証】

最新モデルでないがゆえにあって当たり前、スポットライトが当たらなくなった現行モデルにもう一度、じっくり乗ってみる現行車再検証。今月は、激戦の250ccスポーツモデルの中にあって常に販売ランキングの上位を走るMT-25を再検証。MT-25とYZF-R25の兄弟、実は「ある世代」にバカ受けなのです。
※月刊オートバイ2019年3月号掲載「現行車再検証」より

2気筒の250ccって、こんなに良かったっけ?
オートバイユーザーの平均年齢は50歳を超えたのだそうだ。50歳っていうと、1970年生まれ近辺。免許が取れる16歳の時に80年代中盤、つまりレーサーレプリカブーム真っただ中を味わった世代だね。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売はいつ? 値段はいくら?

けれど、ユーザー平均年齢なんてデータ、自動車工業会が免許取得データから調べているはずで、実際に街に出てみると、そのデータが必ずしも現実に即していないことはわかる。

だって、50歳にもなったら、二輪免許は持っていても、しばらくオートバイ乗っていないし、持ってもいないよ、って人はたくさんいるはず。

対して若いライダーたちは、うれしくてうれしくて毎日のように乗り回しているとすると、やっぱり街に出ているライダーたちは、実際の平均年齢データより、ずっと若いのだ。

事実、休日にツーリングに出かけると、あちこちの休憩所、パーキングエリアの風景は、この数年で確実に変わってきている。街中だって、一時期すっかり見なくなった街乗りバイクの数が台数が、また復活してきているようにも見える。

すべてヒイキ目で見ているから? いやそうじゃない。オートバイ乗りに、若い人たちが帰ってきているのだ。

言うまでもなく、その立役者は2008年に登場したカワサキ・ニンジャ250だ。新しい時代の、肩ひじ張らない、高性能すぎないスポーツバイクが、また若い人たちの関心を呼び戻したのだろう。

そして今、そのポジションにヤマハYZF-R25が、そしてMT-25がいる。ヤマハの調べによると、YZF-R25のユーザー層は30歳前後なのだという。データ上の平均ユーザーよりも20歳も若い!

フルカウルモデルYZF-R25、R3/MT-03も含めると、このファミリーはまずサイズ感がいい。小さすぎず、大きくない。免許取りたての女子ライダーだって、リターン層のおじさんだって乗れる。

車検のないYZF-R25/MT-25を軸にお話しすると、250ccかぁ、パワーは大丈夫? って疑問にも、きちんと答えは出せる。YZF-R25/MT-25の水冷ツインは、必要にして十分の力があるのだ。

別の機会に250ccのライバル車と乗り比べたんだけれど、YZF‐R25/MT‐25は、ホンダ・CBR250RRよりカワサキ・ニンジャ250より低回転域からトルクがあって、スズキ・GSX250Rよりも上まで回る。現在の250ccスポーツの中では、いちばん使える回転域が広いのだ。

街乗りで使いやすく、高速道路では交通の流れに乗って走るのが苦ではなく、ワインディングでは思った通りに振り回せる。あれ、250ccってこんなにイイんだっけ、と久しぶりに250ccに乗るおじさんたちは思うだろうし、初めて乗る若者たちはこれが250ccかぁ、って感動するはず。

きっとYZF-R1より街で注目を浴びるMT-25
今回の取材では、往復300kmくらいの日帰りツーリングをしてみた。都内の渋滞を抜けて高速道路に乗って、編集部から100kmほど離れたワインディングを走り回る。

途中ご飯を食べて、日帰り温泉に(入らずに・笑)寄ったし、帰りにはバイパスを使って、一般道も使って、高速道路で戻った。

どのステージでもMT-25は扱いやすく、キビキビと走った。そりゃぁ、高速道路をカッ飛んで1日500km走って、行った先のワイデンィングでフルバンクがりがり、なんて使い方だけは向かないけれど、アッという間に日常を抜け出して、1日のんびり、オートバイと付き合うことができた。

別日には、都内をお使いに、買い物に走り回って、250ccならではの機動力を味わうこともできた。高回転まで回さなくとも力のある、ギアチェンジもそうせわしなくない低~中回転域のトルクが、本当に使いやすい。この250ccにできないことなんて、なにもない。

街中で若い人の視線をたくさん浴びるバイクだ。MT-25人気、わかりかけてきたなぁ。

文:中村浩史/写真:島村栄二

YAMAHA MT-25 主なスペックと価格
[全長×全幅×全高]2090×745×1035mm
[ホイールベース]1380mm
[シート高]780mm
[車両重量]166kg
[エンジン形式]水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
[排気量]249cc
[ボア×ストローク]60×44.1mm
[最高出力]35PS/12000rpm
[最大トルク]2.3kg-m/10000rpm
[変速機形式]6速リターン
[燃料タンク容量]14L
[タイヤサイズ 前・後]110/70-17・140/70-17
[メーカー希望小売価格(10%税込)]54万4,500円

ヤマハ MT-25 の各部をチェック
搭載される水冷並列ツインはR25のために新設計されたエンジン。バランサーを持つ180度クランクのエンジンで、性能と好燃費、アジア各国で販売されたときの燃料のクオリティを問わない性能を確保。

ライバルモデルとの乗り比べでは、低回転から高回転まで、広い範囲でトルクが出ている印象が強かった。R25とMT-25は共通、MT-25からMT-03は排気量アップによるパワーアップが見られる。

シート裏にあるフックがヘルメットフォルダー。ヘルメットのDリングを引っかけてシートを閉めるわけだが…かなり慣れが必要だと感じた。

ヤマハ MT-25 ライディングポジションと足つき性
178cmのライダーでは両足カカトまでべったり。165cmくらいの体格ならば足つきに不安はなさそう。

R25に比べて、グリップ部がこぶしひとつ分くらい高く、近いため、ライディングポジションもほぼ前傾姿勢なし。シートは傾斜があり、やや前下がりに座ることになる。

今回のツーリングは約300km。平均燃費は30.2km/Lでした!
今回の取材では、都内を出発して一般道を抜け、関越自動車道と一般道の往復をメインに約300km走行。燃費は高速道路走行で約33km/Lまで伸びた。

それでもMT-25の瞬間燃費計は40km/L以上を表示しないので、ついつい40km/L以上に挑戦したくなることも。6速100km/hあたりで走っていると、瞬間燃費計は35km/Lあたりを表示。電子制御のインジェクションなんで当然だが、表示数値はかなり正確だった。

文:中村浩史/写真:島村栄二

月刊オートバイ2020年3月号では、昔の4気筒250ccと現在の2気筒250ccを比較!
ヤマハ MT-25 カラー情報
海外で発表された新型のMT-25
兄弟車 YZF-R25 の試乗インプレ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します