サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、スプリント予選16番手で「パフォーマンスにはがっかり」|F1イギリスGP

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGPでは、スプリント予選レースが試験的に導入された。全17周と短いレースが17日に行なわれると、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップでフィニッシュし、ポールポジションを獲得した。

 一方、同じホンダ製PUを搭載するアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、予選でQ1敗退を喫し、16番手と後方からのスタート。スプリント予選レースではポジションを上げることができず、16位でフィニッシュとなり、決勝レースも後方からのスタートとなった。

■アルファタウリ代表、角田裕毅の進歩に満足「新人ドライバーが慣れるには3年かかる……今のF1は複雑なんだ」

 今回、スプリント予選レース導入に伴いレースウィークのスケジュールが大きく変更された。

おすすめのニュース

サイトトップへ