サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MT搭載! ダイハツSUV「ロッキー」初の海外発売 独自のキラ顔!? インドネシアでどう進化?

ここから本文です

MT搭載! ダイハツSUV「ロッキー」初の海外発売 独自のキラ顔!? インドネシアでどう進化?

■5速MTや1.2リッターエンジンなどインドネシア独自仕様アリ!

 ダイハツのインドネシア法人(アストラ・ダイハツ・モーター)は、現地仕様の「ロッキー」を2021年4月30日に発売しました。

【画像】MT搭載のダイハツ「ロッキー」登場! キラ顔なインドネシア独自仕様を画像で見る(25枚)

 日本では2019年11月5日に発売されたロッキーですが、インドネシア仕様では日本仕様と違いがあるといいます。いったいどんな特徴があるのでしょうか。

 ロッキーは、ダイハツがすすめる新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の海外展開を担うモデルとなっており、2021年3月3日にはDNGA海外展開第一弾としてマレーシアにおけるダイハツの合弁企業のプロドゥアから、ロッキーをベースとした「アティバ」が発売されました。

 そして、今回DNGA海外展開第二弾としてインドネシアで発売されるロッキーは、現地工場(カラワン車両工場)で生産されるコンパクトSUVとして登場。今後、インドネシア国内の販売だけでなく、約50か国への輸出も予定されているといいます。

 また日本と同様、OEMモデルの「ライズ」もトヨタへ供給されます。

 インドネシア仕様のロッキーは、ボディサイズが全長4030mm×全幅1710mm×全高1635mm。日本仕様(全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm)と比べるとわずかに大きいのが違いとなります。

 外観は、インドネシア仕様独自のデザインとしてフロントグリルの周囲を囲むメッキ加飾を採用(タイプ別設定)し、上質感が演出されました。

 搭載されるパワートレインは、インドネシア仕様では発売当初から設定される1リッターターボエンジンのほかに、日本仕様にはない1.2リッターエンジンを採用(今後追加予定)。

 また、トランスミッションはCVTだけでなく、日本仕様にない5速MTが設定されるのが特徴といえます。

 一方、日本仕様では2WDと4WDの2仕様が設定されるのに対し、インドネシア仕様では2WDのみとなります。

 また、予防安全装備として「スマートアシスト」(現地名Advanced Safety Assist)が採用されました。

 インドネシアにおけるロッキーの車両価格は約2億1400万ルピアから2億3600万ルピア(日本円換算で約160万円から177万円)です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します