サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BEVでも世界トップを目指すTOYOTAの野望。近未来のトヨタ&レクサスを一挙大公開!

ここから本文です

2030年までに30車種のBEV投入。グローバル販売350万台を目指す!

 2021年12月14日、トヨタは新たなBEV(バッテリー電気自動車)戦略を発表した。

トヨタBEV戦略(1):トヨタが2030年までに30車種のバッテリーEVの展開を予告。まずは「ゼロを超えたその先へ=beyond ZERO」を謳うbZシリーズが始動

・2022年から30年までにグローバルでBEV30車種を投入。
・2030年までにグローバルでZEV(BEV+FCEV)を年間350万台販売。
・レクサスは2035年にグローバルでBEV100%を目指す、という内容である。

「電動化」は自動車業界の一大トレンドだ。世界中のメーカーがBEV化へと舵を切っている。そんな中で「トヨタはBEVに否定的」という論調も聞かれた。

おすすめのニュース

サイトトップへ