サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ、コロナ感染拡大で滋賀や本社池田工場の一部稼働停止 「ロッキー/ライズ」「トール/ルーミー」「タント」に影響

ここから本文です
ダイハツ工業は1月19日、滋賀第2工場(滋賀県竜王町)で新型コロナウイルスの感染が拡大したため、19~21日までの夜勤のみ稼働を停止すると発表した。本社工場(大阪府池田市)は、仕入先でのコロナ感染拡大による影響で部品供給が滞り18日から夜勤のみ稼働を停止した。

滋賀第2工場では、小型SUV「ロッキー」や軽乗用車「タント」、トヨタ自動車向けOEM(相手先ブランドによる生産)車両の「ライズ」などを生産している。同工場では30数人がコロナに感染したという。稼働停止期間中に関連部署で消毒などの感染防止対策を行う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン