サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1、サインツ引き抜きを阻止すべく長期契約をまとめる意向。シューマッハーの起用は当分なしか

ここから本文です

 スクーデリア・フェラーリは、カルロス・サインツとの交渉をできるだけ早く始め、2022年末までの契約を2025年末まで延長することを計画しているようだ。

 サインツは2021年にフェラーリに加入、非常に評価が高いシャルル・ルクレールと同等、時にはそれ以上のパフォーマンスを見せて、株を上げた。

フェラーリ、2022年のFDAドライバーを発表。シュワルツマンやルクレール弟らは残留、アームストロングが離脱へ

 いくつかのチームがサインツ獲得を望むことが予想されるため、フェラーリ代表マッティア・ビノットは、早い段階で引き抜きを阻止するために動きたいと考えており、2022年シーズン開始前に契約を延長する可能性もある。

おすすめのニュース

サイトトップへ