サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サウジアラビアへのF1誘致に、人権団体アムネスティが警告「人権侵害の隠れ蓑になってはいけない」

ここから本文です

 10月26日(月)に行なわれたF1コミッションの会議で、各チームの代表たちに2021年の暫定スケジュールが示された。その中にはサウジアラビアの西部、紅海に臨む都市であるジェッダでのストリートレースも含まれていた。

 長期的には、サウジアラビアの首都であるリヤドに建設中のアル-キディヤ・エンターテイメント複合施設でのグランプリ開催も計画されているようだ。

■2021年のF1はサウジアラビア追加で全23戦に? 3週連続開催は避けられないか

 F1は、国有石油化学企業であるアラムコを通じて、サウジアラビアと緊密な関係を築いてきた。アラムコは今季のハンガリーGPやスペインGPなどでレースのタイトルスポンサーを務めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ