サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1スペインFP1速報:ルクレール首位で、フェラーリがワンツー発進。角田裕毅は10番手

ここから本文です

 F1第6戦スペインGPのフリー走行1回目が、バルセロナのカタルニア・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。

 バルセロナでは最初のプレシーズンテストが行なわれており、開幕前のマシンとデータを比較できるため、アップデートを投入する絶好機。各チーム多くの新パーツを持ち込んでおり、週末最初のセッションであるFP1はセッション開始直後から積極的に走り込んだ。

■レッドブル、F1スペインGPのフリー走行1回目でユーリ・ヴィップスを起用

 セッションをトップで終えたのは、ルクレール。1分19秒828をマークした。チームメイトのカルロス・サインツJr.も、0.079秒差で2番手に続いている。

おすすめのニュース

サイトトップへ