サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 金色ハコスカから1億円オーバー限定車まで、日産スカイラインGT-Rに存在した「激レア」モデル5選

ここから本文です
市販されなかった世界にたった1台のGT-R

 日産スカイラインの最上級グレード「GT-R」は、1969年に登場してから現在に至るまで歴代6モデルが存在する。ハコスカ(C10)、ケンメリ(C110)、R32、R33、R34、そして2007年にはスカイラインが付かなくなったR35だ。総生産台数でいえば、R32が4万3934台と最も多く、ケンメリは197台(+レース用試作車2台)と一番少ないのはクルマ好きの間ではよく知られている。しかし、細かく見るとじつに希少な”GT-R”が存在していた。