サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > お茶の間が「ドリフトコース」に早変わり! 京商ミニッツから「ダッヂ•チャレンジャーSRT ヘルキャットレッドアイ」が登場

ここから本文です

簡単にドリフトができるラジコンが登場

 さまざまなスケールのミニカーからラジコンまで手掛けているホビーメーカーの京商。同社の屋内で遊ぶことができるミニッツブランドからドリフト走行ができるアメリカンマッスルカー「ダッヂ•チャレンジャーSRT ヘルキャットレッドアイ」が発売された。

火花が散るほどの「ド車高短」! ヤンチャ過ぎた「ドリフト黎明期」を振り返る

 手のひらサイズのミニッツは1999年にデビューして以来、シリーズ販売累計は150万台以上を誇るラジコンカー。単4乾電池8本で子供から大人まで楽しむことができるミニッツは、部屋の中でも遊べるヒーロー的存在とも言える。昨今の新型コロナウイルスの影響もあり、人気を呼んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン