サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ストロール、ベッテルの失態に不満も、ペナルティは公平性に欠けると苦言。「同じことをしたのだから、両者に同じ罰則を科すべき」

ここから本文です

 レーシングポイントのランス・ストロールは、F1第14戦イタリアGPでのセバスチャン・ベッテルの無謀なコース復帰に対し、目で見て分かるほどに怒りを示した。というのも、それにより彼のレースは台無しになったからだ。

 6周目、アスカリのシケインに入るあたりでベッテルはスピンを喫し、コースに戻る際にストロールのマシンに衝突した。

フェラーリ代表、ルクレールがモンツァで成し遂げた勝利を絶賛。ベッテルのスピンについては「本当に残念だった」

「正直に言うと、今回起こったことに関しては本当にイラついているよ」とストロールはレース後に語った。

「彼はコースに戻ってきた時、戻るべきではないようなポジションにあのように強引に戻ってきたんだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ