サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 原付二種ネイキッドスポーツ カワサキ「Z125 PRO」とホンダ「グロム」を女性ライダーが比べてみました!

ここから本文です

原付二種ネイキッドスポーツ カワサキ「Z125 PRO」とホンダ「グロム」を女性ライダーが比べてみました!

■原付二種ネイキッドスポーツ、人気の2モデルに熱視線!

 原付二種と呼ばれる排気量50cc超~125ccのバイクは、原付一種(50ccc以下)のような制限が無く、二段階右折も不要、法定最高速度60km/hまでOK、乗車定員2名でタンデムもできるし、税金や保険もリーズナブル。高速道路には乗れませんが、日常的なアシや趣味のひとつとして人気のカテゴリーです。

原付二種の人気モデル ホンダ「モンキー125」と「グロム」の使い勝手と乗り心地をワーママ目線で比べちゃいました!

 さまざまな原付二種モデルがある中で、スポーツ性の高いネイキッドモデルは海外でも若者を中心に注目を集めていますが、このクラスはコンパクトで扱いやすい車体サイズと、スポーツ性の高い装備、扱い切れるほどよいパワーで、気負わずにスポーツライドが楽しめるのが魅力です。

 そこで、日本の女性ライダーに最も多いと言われる年齢、平均身長と体重の筆者(守田二草)が、巷で人気の高いカワサキ「Z125 PRO」とホンダ「GROM(グロム)」(両車ともに2019年モデル)を乗り比べてみました!

■カワサキのZシリーズの最小モデル「Z125 PRO」

 まずはカワサキ「Z125 PRO」をチェック! カワサキの看板ブランドのひとつ「Z」の名をおごるスーパーネイキッド・シリーズは、現在、排気量125cc~1000ccまで多彩にラインナップされていますが、今回紹介するのは最小排気量の125ccモデルです。

 見た目はシュッと鋭角的なスタイル。フロントマスクはコンパクトで、ヘッドライトは大きめ。目が大きくて小顔という美形ぶりです。両サイドにエグりの入ったタンクは、筋肉のように盛り上がった形状で力強い感じ。フレームカバーやアンダーカウルがさらにスポーティーでカッコいい。全体的に硬派な感じにシビれます。

 アナログタコメーターとデジタル液晶ディスプレイを組み合わせたメーターパネルもカッコいい! 燃料、オド、トリップなどは液晶モニターでチェックできます。中央にギヤポジションインジケーターがあるのも便利です。

 ちなみにスペック上では全長1700mm、全幅750mm、全高1005mmとかなりコンパクト。ホイールベースは1175mmと原二スポーツでは短めです。ハンドルはほどよくアップ気味で、操作しやすいポジション。車両重量は102kgとほどよい重量感で、取りまわしにも不安がなく乗りやすそうです。

 シート高は780mmと原付二種モデルとしては意外と高めです。身長158cmの筆者がヒール3cmのライディングブーツを履いて跨ると、両足を接地させた場合はかかとが少し浮くくらいで、片足だとかかとまでしっかり接地します。シート幅がスリムなので足が着きやすく、シートの高さをあまり感じません。

■スポーツするのが楽しい、体育会系ミニスポーツ

 まずはエンジンスタート。ハンドルの右サイドにあるセルスイッチでエンジンが始動します。エンジン形式は、排気量124ccの空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒で、真下に設置されたマフラーが歯切れのいい排気音を奏でます。音は控えめで上質、心地よい鼓動感があります。

 マニュアルクラッチ仕様で4段リターン式という昔ながらのバイクらしい操作方法のため、ヘタレな私でも思わずヤル気になります(笑)。アクセルを開けて発進すると、低中速からトルク感のある加速を発揮し、気持ちよくスムーズに高速域まで達します。

 高張力鋼製バックボーンフレームとボックス構造のスイングアームはしなやかさと剛性があって、いきなり加速してもハンドリングは安定しています。軽い車体なのに不安定さを感じることはありません。

 足まわりはインナーチューブ径30mmの倒立フォークとオフセットレイダウンリヤサスペンション、前後にペータル(花びら)タイプのディスクブレーキという本格的な装備。スポーティーながらもソフトな乗り心地で快適です。前後12インチホイールとフロント100mm、リア120mmタイヤの相性もよくて、乗り手の意思が機敏に伝わる感じです。コーナリングが軽快で楽しい! 街中から郊外までスポーティーにクルーズするのにピッタリです。

 機動力があるため、信号の少ない郊外の道路をビューっと走るのも楽しそう。例えるなら、普段は優しくて楽しいヤツだけど、部活では硬派な一面もみせてくれる運動部のスポーツマンってとこかな? 流行りのネオカフェレーサーにカスタムするのも面白そうです。

■ホンダの日常でスポーツする125ccモデル「グロム」

 ホンダ「グロム」は、レジャーモデル「モンキー125」と同じ124cc空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載した車両で、シャシーはスチール製モノバックボーンフレーム、インナーチューブ径31mm倒立フロントフォークとモノショック式のリヤサスペンションで構成。前後にディスクブレーキを採用した本格的なスポーツモデルです。

 コンパクトだけど筋肉質でたくましいルックス。ヘッドライトカウルは「アゴ」がしっかりしていて重厚感があります。上下2眼のスクエア型デュアルLEDヘッドライトにはブルーのリフレクターを装備。ヤンチャさの中にもクールさが見え隠れしています。

 先代モデルはオフロードテイストのあるアップマフラーでしたが、現行モデルではエンドが跳ね上がったダウンマフラーを採用。よりストリート感が増した感じです。モデルチェンジで全体的に細身になりましたが、ファットタイヤのかもし出す迫力は変わらず。マンガ家の鳥山明さんが描くようなユニークさがあって、生き物のような愛らしさが魅力です。

 スペック上では全長1755mm、全幅730mm、全高1000mm。ホイールベースはZ125PROより若干長い1200mmで直進安定性がありそう。シート高は760mmで、身長158cmの筆者がヒール3cmのライディングブーツを履いて跨ると両足がしっかり接地します。ハンドルもほどよい高さで思ったより前傾にならず、ライディングポジションにはゆとりがあります。

 ちなみメーターは、エンジン回転数をバーグラフで表示する液晶タイプのデジタルディスプレイを採用。コンパクトながらブルーのバックライトで存在感はバッチリ。速度、燃料、オド、トリップのほか、時計も搭載していて便利。利便性もありそうです。

■ストリートでアクティブに遊べちゃうスポーツバイク

 エンジン始動はセルスターターで、ハンドルの右サイドにあるセルスイッチでスタート。トコトコとした歯切れのいい排気音です。ダウンマフラーのおかげもあって、振動も音量もほどよく抑えられていてソフトです。

 アクセルを開けて発進すると力強くトルクフルに加速。マニュアルクラッチの4段ミッションを採用。マイルドで扱いやすい加速感です。ストップアンドゴーが楽しくて、中高速まで伸びやかに加速します。

 ハンドリングは抑え気味のアップハンドルで操作性がよく、前傾になりすぎないポジションともマッチしていています。私の体格とも相性がいいようで、ダイレクトな操作感で、コーナーでも扱いやすい印象です。フロント120mm、リア130mmという太めのタイヤは走行時も存在感を発揮。旋回時にもタイヤの接地感がしっかりあって、立ち上がりの加速感が気持ちいいです。

 扱いやすい原二クラスならではの気軽さに加え、シャシー安定感が素晴らしい。もちろん自制は必要ですが、スピードの危うさをスパイスにすることなく、ストリートでファンライドできる感じです。例えるなら、フレンドリーでオシャレ、街デートが楽しいボーイフレンドってところかな(笑)。カスタムするならストリートファイターやモタードスタイルが似合いそうです。

■スポーティーだけど性格の違う2モデル。それぞれの魅力って?

 同じ原付二種ネイキッドスポーツというカテゴリーで何かと比較されがちなZ125 PROとグロムは、それぞれに個性があって性格は違っていました。甲乙をつけるというより、スタイルの好みとライフスタイルに合ったモデルを選びたいところです。

 独断と偏見でいうと、Z125 PROはスマートで硬派なスポーツマン。市街地走行だけじゃなく、信号の少ない郊外のツーリングまで楽しめそう。ちょっとした峠では高速コーナーも楽しめそうです。対してグロムはマッチョでフレンドリーなファッショニスタ。ストップアンドゴーや加速しながらのコーナリングが楽しいのでストリートユースに向いているかも。どちらの車両も運動性が高くて、運転歴だけが長いヘタレな私でもスポーティーな走りが楽しめちゃうのが魅力です。

 扱いやすくて手軽、維持費や保険代が安くてコスパに優れた原付二種クラスは、趣味性が高い楽しいカテゴリーです。バイクでのスポーツライドに対して敷居が高いイメージを抱く人も多いでしょうが、原付二種免許は比較的に取得しやすいので、まずは原付二種ネイキッドでスポーツライドをはじめてみるのもオススメですよ!

※カワサキ「Z125 Pro」は2020年2月1日に2020年モデルが発売されています。また、ホンダ「グロム」は2017年6月よりゴールドのホイールを採用しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します