サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ヨハン・ザルコ、2020年はアヴィンティアから参戦。マシンは1年落ちのドゥカティ・デスモセディチGP19

ここから本文です

 12月9日、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦するレアーレ・アビンティア・レーシングは、2020年シーズンにヨハン・ザルコを起用すると発表した。

 2012年からMotoGPクラスに参戦を開始したレアーレ・アビンティア・レーシングは、2014年からはドゥカティファクトリーと契約を結びプライベートチームとして参戦していた。チームは11月18日にドゥカティファクトリーとの契約を延長し、サテライトチームとして活動することとなった。

KTM離脱のザルコ、MotoGP終盤3戦に中上貴晶の代役で参戦。LCRホンダでRC213Vを駆る

 また、11月末にカレル・アブラハムと契約を解消したことで、シートがひとつ空き来季のライダーラインアップ発表が待たれていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン