サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ GAZOO レーシングがスーパーGTやWRCなど、2020年モータースポーツの活動計画を発表

ここから本文です

トヨタ GAZOO レーシングがスーパーGTやWRCなど、2020年モータースポーツの活動計画を発表

トヨタ GAZOO レーシング(以下、TGR)は、2020年のモータースポーツ活動計画を発表した。WRC(世界ラリー選手権)からドライバーの育成まで、その計画は多岐に渡るが、ここではアウトラインを紹介しておこう。(タイトル写真手前はGRヤリス、奥はヤリスWRC)

国内外のさまざまなモータースポーツに取り組む
TGRの活動および支援計画の主な概要は、以下のとおりだ。

【くるま問答】アイドリングストップ機能はよいことばかりではない。OFFスイッチはいつ使う?

SUPER GT
GT500クラスには、新たにGRスープラ GT500を投入。TCD(トヨタ カスタマイジング&デイベロップメント)を通じ、6チーム・6台に支援を行う。GT300クラスには、プリウスPHV 2台、GRスープラ 1台とレクサスRCF GT3 4台が参戦する。

全日本スーパーフォーミュラ選手権
TRD(トヨタ レーシング ディベロップメント)より、直4 2Lターボエンジンを6チームに供給する。タイヤは横浜ゴム製のワンメイク。

全日本ラリー選手権
TGRからヴィッツ GRMN ラリーが参戦。エンジニアやメカニックはトヨタ社員が担当する。

e-モータースポーツ
FIA GTチャンピオンシップのオフィシャルパートナーを継続し、GR スープラ GTカップを開催予定(詳細は後日発表)。

カスタマーモータースポーツ
レクサス RCF GT3のグローバル販売やカスタマーサポートを行う。レース専用車のGRスープラ GT4の販売も開始する。

ドライバー育成
国内外のレースやラリーで活躍できる日本人ドライバーを育成するためのさまざまなプログラムを「TGRドライバー・チャレンジ・プログラム」に統合。若手のレース&ラリードライバーの育成を進めていく。また、レーシングスクールの開講や、国内FIA-F4選手権に参戦する若手ドライバーの支援も行う。

FIA世界ラリー選手権(WRC)
チーム代表のトミ・マキネンのもと、TMG(トヨタ モータースポーツ GmbH)が開発した3台のヤリスWRCで参戦。380馬力以上を発生する1.6Lのターボエンジンを搭載する。

FIA世界耐久選手権(WEC)
2020年6月13・14日のル・マン24時間で最終戦となる2019-20シーズンは、2台のTS050 ハイブリッドで参戦中。2020-21シーズンは、市販に向けて開発中のGRスーパースポーツ(仮称)をベースとしたレーシングカーでLMH(ル・マン ハイパーカー)クラスに参戦。2020年9月5日の英国シルバーストーンで開幕し、2021年6月12・13日のル・マン24時間レースが最終戦となる。2020-21シーズンの体制については後日発表する。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース
TGRから3年目となるレクサス LCで参戦予定。14年目の参戦となる2020年は、5月23・24日に決勝レースが開催される。

スーパー耐久
ROOKIE レーシングにGRヤリスとGRスープラを供給。「もっといいクルマづくり」に向けたフィードバックを行う。

上記以外にも、86やヴィッツなどのワンメイクレース、手軽にエントリーできるラリーチャレンジ、自分のレベルに合わせてレッスンを受けられる走行イベント、クルマ好きとの交流の場であるイベントへの参加など、さまざまな取り組みを推進していく予定だ。
参戦チームやドライバーなどの詳細は、トヨタGAZOOレーシングのWebサイトを参照されたい。

[ アルバム : TGR 2020年活動計画 はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します