現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「初代CR-Xの魔力に取り憑かれた男の愛機」レアな無限パーツを取り入れた当時仕様!

ここから本文です

「初代CR-Xの魔力に取り憑かれた男の愛機」レアな無限パーツを取り入れた当時仕様!

掲載 更新
「初代CR-Xの魔力に取り憑かれた男の愛機」レアな無限パーツを取り入れた当時仕様!

国産ライトウェイトスポーツの黄金世代!

超軽量ボディと絶妙なボディバランスがクイックな走りを生み出す!

「初代CR-Xの魔力に取り憑かれた男の愛機」レアな無限パーツを取り入れた当時仕様!

バラードの派生車として、1983年1月に登場したFFライトウエイトスポーツCR-X。当初のグレードは1.3Lの『1.3』と1.5Lの『1.5』の2本立てだったが、1984年11月のマイナーチェンジで、1.6L・DOHC16バルブのZCエンジンを搭載した『Si』を設定。ASという型式から、一部のファンにSシリーズの再来と捉えられた。

「なんてったって軽いボディが武器ですね」と語るのは、このCR-X(Si)のオーナーでありホンダ車チューンを得意とするショップ“ガレージFK”のスタッフでもある古賀さんだ。

吸排気系まで含めてフルノーマルなエンジンは、ノンオーバーホールだが調子は上々。世界初の中空カムシャフトの採用や、やはり市販乗用車で世界初となる、4バルブ内側支点スイングアーム方式のシリンダーヘッドにより、吸気バルブで10.3mm、排気バルブで9.0mmというハイリフトを達成したZC型エンジン。カタログスペックは135ps/6500rpm、15.5kgm/5000rpmだ。

車高調はエナペタル製を導入。サスペンション型式は、フロントがトーションバー・ストラット式で、リヤがトレーリングリンク式ビームとなるが、これはスペース効率と回頭性&応答性を考慮した設計で、『スポルテックサスペンション』と命名されたものだ。

サイドサポートアジャスターが付いたシートは、若干の色褪せこそあるものの年式を考えれば程度極上。“ワンマイルシート”と評され、北米仕様には装備されなかったリヤシートをはじめ、内装パーツはフル装備かつコンディションも抜群だ。

無限の『CF-48』ホイールと『エアスポイラー』と名付けられたリヤスポを装備するエクステリア。回転バランスと放熱性を考慮したフィンディスクを持つCF-48は当時の大ヒット作で、オプションでエアーカウルを装備することが可能だった。サイズは6Jの15インチで、タイヤはポテンザRE-01Rをセット。

「B型エンジンに載せ換えられないかって、試したこともあったんですけどね。マウントもメンバーも違うし、費用対効果が全然合わない。それでも、860kgの車重と2.2mのショートホイールベースが生み出す走りは楽しいですよ」と古賀さん。そして、このショートホイールベースとファストバックが織りなすサイドビューの美しさも、初代CR-Xの魅力だと語っていた。

●取材協力:ガレージFK 埼玉県三郷市采女1-162 TEL:048-958-8835

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

今季ここまで7勝も連敗中……フェルスタッペン「僕らにはまだまだやるべきことがある」
今季ここまで7勝も連敗中……フェルスタッペン「僕らにはまだまだやるべきことがある」
motorsport.com 日本版
バーグマンストリート 125EXを購入するなら今! スズキが純正トップケース購入サポートキャンペーンを実施
バーグマンストリート 125EXを購入するなら今! スズキが純正トップケース購入サポートキャンペーンを実施
バイクのニュース
「言うな!」妻に内緒でトヨタ新型「ランクル250」購入!? 極楽とんぼ「山本圭壱」の“ヒミツ”をスタッフが暴露
「言うな!」妻に内緒でトヨタ新型「ランクル250」購入!? 極楽とんぼ「山本圭壱」の“ヒミツ”をスタッフが暴露
くるまのニュース
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
AUTOCAR JAPAN
LINEヤフー、音声生成AI搭載の「Yahoo!カーナビ」提供開始
LINEヤフー、音声生成AI搭載の「Yahoo!カーナビ」提供開始
レスポンス
スムーズで一気にトップエンドまで回る直6エンジン! 私は「2800CS」でBMW党になりました【クルマ昔噺】
スムーズで一気にトップエンドまで回る直6エンジン! 私は「2800CS」でBMW党になりました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
スズキが10年先を見据えた技術戦略を発表。5つの柱を具体例も合わせて紹介
スズキが10年先を見据えた技術戦略を発表。5つの柱を具体例も合わせて紹介
Webモーターマガジン
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
月刊自家用車WEB
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
レスポンス
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
くるまのニュース
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
くるくら
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
レスポンス
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
くるまのニュース
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
レスポンス
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ベストカーWeb
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
WEB CARTOP
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
乗りものニュース
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0158.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

129.3298.0万円

中古車を検索
CR-Xの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0158.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

129.3298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村