サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:ホンダはF1撤退後もレース運営サポートを継続。トルコGPはチームの新たな門出に

ここから本文です
 今回の2021年F1第16戦トルコGPは、レッドブル・ホンダにとって新たな門出となるグランプリとなった。それは、グランプリ直前の10月7日に、ホンダが記者会見を開き、2022年以降のモータースポーツ領域を中心としたレッドブル・グループとの協力についての発表を行ったからだ。

 ホンダが今シーズン限りでF1から撤退しても、ホンダが開発したパワーユニットに関しては、レッドブル・パワートレインズがパワーユニットの知的財産権を譲り受けて、2022年以降もレッドブルとアルファタウリが搭載してF1に参戦することは大筋で決まっていたが、その詳細はなかなか発表されなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン