サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ウーブン・アルファ、いすゞ、日野、自動地図生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始

ここから本文です
 トヨタの子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングスのグループ会社であるウーブン・アルファ、いすゞおよび日野は、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、以下「AMP」)の活用に向けた検討を進めていくことで合意した。

 AMPは、様々な企業から提供される車両や衛星画像等のデータを活用して高精度の地図を生成し、ユーザーに提供するクラウドソース型のオープンなプラットフォームだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ