サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メカ解説|マシン搬入で”チラ見え”! メルセデスがスペインGPに持ち込んだアップデート

ここから本文です

 メルセデスは、今季のマシン『W13』のポテンシャルを解放するため、F1第6戦スペインGPにアップグレードを持ち込んだ。

 スペインGPの舞台であるバルセロナは、プレシーズンテスト1回目の会場でもあったため、マシンをアップグレードするには理想的なイベントだ。特にメルセデスは、バルセロナでのテストでは使っていなかった”ゼロポッド”のコンセプトを今後も追求するべきなのか、判断するためのデータを、今回得ようとしている。

■F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キールウイング”

 メルセデスはスペインGPを前にした水曜日(18日)、ポールリカールでPR活動用の動画を撮影するフィルミングデーを活用して走行を実施した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン