サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メカ解説|マシン搬入で”チラ見え”! メルセデスがスペインGPに持ち込んだアップデート

ここから本文です

F1メカ解説|マシン搬入で”チラ見え”! メルセデスがスペインGPに持ち込んだアップデート

F1メカ解説|マシン搬入で”チラ見え”! メルセデスがスペインGPに持ち込んだアップデート

 メルセデスは、今季のマシン『W13』のポテンシャルを解放するため、F1第6戦スペインGPにアップグレードを持ち込んだ。

 スペインGPの舞台であるバルセロナは、プレシーズンテスト1回目の会場でもあったため、マシンをアップグレードするには理想的なイベントだ。特にメルセデスは、バルセロナでのテストでは使っていなかった”ゼロポッド”のコンセプトを今後も追求するべきなのか、判断するためのデータを、今回得ようとしている。

■F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キールウイング”

 メルセデスはスペインGPを前にした水曜日(18日)、ポールリカールでPR活動用の動画を撮影するフィルミングデーを活用して走行を実施した。この際、チームはスペインGPでのアップグレード計画についてほとんど明らかにしなかったが、木曜日にジョージ・ラッセルのマシンを搬入する際に撮影された写真から、その内容が見えてきた。

 トランスポーターから降ろされるラッセルのマシンには、アストンマーチンやフェラーリ、レッドブルが導入している、キールウイングやビブウイングと呼ばれている空力パーツが導入されていることが分かる。

 シャシー下面とビブ(フロア前端部)の間に、ウイングレット(関連写真赤矢印)が張り出しているのだ。空力の専門家たちは、このエリアの気流をコントロールする手段としてこのウイングを活用している。

 このウイングが生み出す渦流を活用して、ダウンフォースを生み出すベンチュリ・トンネルやその他のエリアに流れる気流を改善しようとしているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します