サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型登場で大きく値下がり! 先代デイズルークス&eKスペースは今が狙い目

ここから本文です

新型登場で大きく値下がり! 先代デイズルークス&eKスペースは今が狙い目

 2020年10月の軽自動車販売台数ランキングの乗用車部門を見てみると、第1位のホンダ「N-BOX」をはじめ、2位のダイハツ「タント」そして3位のスズキ「スペーシア」といわゆる軽スーパーハイトワゴン勢が独占。やや遅れを取った日産「ルークス」でも6位と軽スーパーハイトワゴンが現在の軽自動車の主力モデルになっていることがこの数字から見て取れる。

 現行モデルは2017年8月のN-BOXを皮切りに、同年12月のスペーシア。2019年7月のタントそして、2020年2月の日産「ルークス」/三菱「eKスペース・X(クロス)」で出揃った形だ。まもなく登場してから最も時間の経ったN-BOXがマイナーチェンジを予定しているようだが、この勢力図は変わることはないだろう。

人気プチバン電撃刷新!! スズキ 新型ソリオ正式発表&12月4日に発売

 現行型軽スーパーハイトワゴンのなかでは、最後発モデルとなったルークス/ eKスペース・Xだが、世代交代となるフルモデルチェンジを実施してからまもなく10カ月を迎えようとしている。

 フルモデルチェンジは中古車相場に最も大きなイベント。そこで今回は世代交代して、旧型となった先代の日産「デイズルークス」/三菱「eKスペース」の最新の中古車事情について紹介しよう。

文/萩原文博
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】新型もいいけど 先代型が狙い目! 本文未掲載のデイズルークス/eKスペースの魅力を紹介!

■女性やお子さんにやさしい装備充実の軽スーパーハイトワゴン

 先代の「デイズルークス/eKスペース」は日産と三菱との合弁会社NMKVが商品企画・開発を行った軽自動車の第2弾、として2014年2月より販売開始された。デイズルークス、eKスペースともに標準車とエアロパーツを装着して押し出し感を強めたモデルの2タイプを用意し、標準車がデイズルークス/eKスペース。エアロモデルはデイズルークスハイウェイスター/eKスペースカスタムというネーミングが与えられている。

先代型のデイズルークスは2014年2月に発売。その後2016年12月の改良モデルでデザインを変更した

 搭載されているエンジンは直3DOHCと直3ターボの2種類で、トランスミッションは全車CVTが組み合わされている。アイドリングストップ機構や減速エネルギーによって発電・充電した電気を有効利用でき、エンジンによる発電の負担を抑制するバッテリーアシストシステムを搭載することで、JC08モード燃費は26.0km/L(FF車)を実現した。

 子育てママをメインターゲットとしており、紫外線を99%カットするUVカット断熱グリーンガラスをはじめ、リアシーリングファン、ロールブラインド、そして駐車時に役立つアラウンドビューモニターなど女性やお子さんに優しい装備が充実しているのが特徴だ。2016年にマイナーチェンジを行い内外装の変更にくわえて、最上級グレードのターボ車には当時軽自動車としては珍しいクルーズコントロールを標準装備とした。

こちらは姉妹車の三菱 eKスペースカスタム(左)とeKスペース(右)

 また一部グレードを除いて、リアシーリングファンに軽自動車で初採用となる「ナノイー」を搭載、セーレンが開発した「イノドールクイック瞬感消臭」を採用したスピード消臭シートを標準装備するなど車内環境の清潔さにこだわっている。

 2018年の一部改良では運転支援システムに採用していたデバイスをレーザーレーダー式からカメラ方式に変更し、機能が充実したうえ性能も向上している。それでは、先代のデイズルークス/eKスペースの最新の中古車相場を見てみよう。

■新型登場で価格は値下がり傾向 登録済み未使用車も多数流通

 まずはデイズルークスから。現在デイズルークスの中古車は約4550台流通している。3カ月前の時点では約4800台流通し、2020年9月末にいったん約4000台まで減少したが、持ち直している。流通している中古車の平均走行距離は約2万kmだった3カ月前から現在は約2.3万kmへと延びており、この動きに連動して平均価格は約108万円だった3カ月前から現在は約104万円へと値落ちしている。

 平均価格の推移を1年スパンで見てみると、2月にフルモデルチェンジを行い、大需要期の3月のタイミングでは約116万円の最高値を記録したが、その後は値落ち傾向となり、約104万円まで8カ月で12万円の値落ち幅を記録している。

 先代デイズルークスの中古車の価格帯は約20万~196万円とかなり幅が広くなっている。また、走行距離500km以下で年式は2019年から2020年式といういわゆる登録済み未使用車が約400台流通しているのが特徴だ。

●ベストカーWEB厳選! コンディション抜群の車両も多数「先代デイズルークス&ハイウェイスター」の最新中古車情報

 先代デイズルークスの中古車のグレード構成を見てみると、約680台でトップとなったのが「ハイウェイスターX」。価格帯は約40万~約165万円となっているが、両側電動スライドドアが装備されているので、利便性は抜群だ。約667台と僅差で続くのは標準車の「Xグレード」で価格帯は約29万~約149万円。ただし50万円以下となると走行距離が10万km超となるので、なかなか手が出しづらい。

 そして第3位がエントリーグレードの「S」の約613台。価格帯は約40万~約125万円で、100万円以上の中古車の大半は登録済み未使用車となっている。このSグレードならば、諸費用を含めた乗り出し価格120万円で新車同等のコンディションで、衝突被害軽減ブレーキの付いたクルマが手に入る。

ハイウェイスターのコックピットには2眼メーターを採用し、スポーティなデザインとした

内装は、ブランド共通のモダンさをもった仕上げとなっている

 一方、先代eKスペースの中古車の流通台数は、現在800台。3カ月前の時点では約1000台流通していたので、約20%が市場から姿を消している。流通している中古車の平均走行距離は3カ月前の約2.2万kmから現在は約2.8万kmまで延びており、この動きに合わせて、平均価格は3カ月前の約100万円から現在は約96万円まで値落ちしている。

 eKスペースもデイスルークス同様に平均価格の推移を1年スパンで見てみると、フルモデルチェンジ後から値上がりが始まり、4月にピークとなる約107万円まで上昇。このタイミングまで走行距離の短い登録済み未使用車が市場に出回ったのだろう。その後は順調に値落ちが進み、8カ月で約11万円と値落ち幅はデイズルークスと変わらない。しかし、人気という点で差があり、eKスペースのほうに割安感が漂っている。

 先代eKスペースの中古車の価格帯は約35万~約178万円。そしてグレード構成を見てみると、標準車の「M」が約73台と最も多く、価格帯は約49万~約117万円でこちらも100万円以上は登録済み未使用車が中心だ。

●ベストカーWEB厳選! 程度抜群ながら価格はお手頃「eKスペース」の最新中古車情報

 続いて多いのが、衝突軽減ブレーキを装備した「カスタムT eアシスト」の約64台。価格帯は約45万~約160万円だが、デイズと比べると走行距離が10万kmを超えているクルマは少ない。そして三番目に多いのが、「カスタムT」と「G eアシスト」の約60台。価格帯は「カスタムT」が約38万~約113万円。「G eアシスト」は約40万~約109万となっている。

●ベストカーWEB厳選! デイズルークスよりも割安感アリ「eKスペースカスタム」の最新中古車情報

 こうしてみると、走行距離は多少の差があるが、流通台数が豊富なターボ車と自然吸気車の価格差がグンと縮まっているのがeKスペースの特徴。軽自動車のなかでは車両重量がヘビー級の軽スーパーハイトワゴンなので、ターボ車のアドバンテージは大きい。したがってデイズとeKスペースの兄弟車では割安なターボ車が豊富なeKスペースが狙い目と言える。

 軽自動車は見た目以上に運転支援システムやエンジン種類にこだわって探すほうが、購入後の満足度は高まるはずだ。

【画像ギャラリー】新型もいいけど 先代型が狙い目! 本文未掲載のデイズルークス/eKスペースの魅力を紹介!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します