サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 旧車を所有するリスク! 古いクルマを憧れだけで購入すると痛い目にあう理由

ここから本文です

旧車を所有するリスク! 古いクルマを憧れだけで購入すると痛い目にあう理由

保険や税金、部品の入手を悩みと思うか否か

 一時の高騰ぶりは少し落ち着いた感はあるが、高値維持というのは変わらないし、イベントやカーショーをみても旧車の人気は未だに高い。レストア済みの車両も増えてきて、一見すると「普通に維持できるのでは?」と思ったりするかもしれないが、現実にはいろいろな問題があるのも事実。今回は、旧車を維持するうえでのリスクや苦労について、旧車を所有し、数々のショップやオーナー取材を行なってきた筆者の目線で、まとめてみることにしよう。

中古車ならば新車時の半値以下! 今なら狙える「500万円で買える憧れのスーパーカー6選」

 数年前から続く旧車の高騰は負担ではあるが、購入時の”買える買えない”という車両本体価格については、個別の問題なので触れないでおく。他の費用面で言うと、「税金」と「保険」が一番の問題。税金は13年を超えると、自動車税と重量税が増税され、たとえば前者は15パーセントアップとなるなど負担は大きい。

 そして、「保険」については”対人”などは加入できるが、”車両保険”は基本的に無理。ただでさえ、減価償却されて価値がどんどんと減っていき、事故時の賠償でも揉めやすいというなか、「旧車なんてもってのほか」といったところだ。

 1990年代のいわゆるネオクラシック車でも車両保険は入りにくいと思ったほうがいいが、旧車としての価値があるのも事実。この点を調べて資料を作れば現実に即した車両保険に入れるケースもあって、実際に加入しているユーザーもいる。本来、旧車というのは”日常の足”に使うことは少なく、年間走行距離も多くない。オーナーは大切に乗る人が大半なので、リスクの少ない”お客様”だと思うのだが、保険会社の知り合いに聞くと「細かく評価すれば入れるけど、会社からはできるだけ入れないようにと言われている」とのことで、現実はかなり厳しい。

部品の確保など維持していくためのリスク

 維持という点では日頃の燃費やオイル交換頻度の高さだが、これも旧車に乗りたいと思う人には気にしていない点だと思うので、リスクにはならないだろう。それよりも維持において困るのが、まずは「部品の確保」だ。基本的に日本車の場合は出ないと思ったほうがいいぐらいで、部品番号で追って見つかれば”ラッキー”ぐらいに考えておいたほうがいい。

 特に日産のハコスカ(C10型スカイライン)やフェアレディZといった人気車種であれば、リブロパーツが増えているので負担は小さいものの、純正パーツが多く残っているわけではないし、粗悪な復刻部品もあるので注意が必要。また、ネットオークションでも探せばデッドストックが出てくることもあるが、そこそこのお値段なことが多いし、品質も劣化していることもあるので、いずれにしてもラクではないのは確かだ。

 ちなみに、欧米旧車の部品はかなり入手しやすい。しかし、リーマンショック以降、状況は悪化。生産中止も増えているし、たとえ入手できたとしても品質はかなり悪くなっている傾向だ。

 信頼できるショップを見つける

 もし部品があったとしても、さらに問題は「修理」。ディーラーではオイル交換ぐらいはしてくれるかもしれないが整備は受け付けてくれないことが多く、専門店すらもしっかりとやってくれるか疑問というのは事実だ。専門店とはいえ、ここまで高騰してしまうと実力がないところも看板を上げたり、本来、実力があってもいい加減なところで商売に走っているところもある。実際、有名な専門店で整備してもらったけど、いい加減だったという例はいくつも見てきた。意外に年配の方がやっている街の修理工場がいろいろとやってくれることもあるが、こちらも数が激減しているという辛い状況だ。

 さらに板金塗装でも、そもそも叩ける職人がいないので、ごまかしが多いのは事実だ。もし、叩けたとしても、時間工賃で考えると割に合わないので、工程や処理が甘くなってしまいがち。筆者のクルマも年配の職人に叩いてもらったはずが、大量のパテを使って成型していたことが発覚。あのこだわりについて語っていたのはなんだったのか、と思うと残念なのだが、職人の高齢化とともに体力・気力も落ちてしまっているのかもしれない。また「レストア車」を買う時はとくに内容をしっかりと確認し、購入後もなるべくブツけないように心がけたい。

 どこのショップに頼むべきなのか。それは、購入時も含めて口コミや紹介などで丹念に探すしかないが、とにかく「こんなもんですよ」という言葉にだけはだまされないように。旧車だって、新車時は普通に走っていたわけで、50年前ぐらいの自動車メーカーの技術でも「こんなもんですよ」と言われるほどショボくはない。

 最後に、もうひとつのリスクを紹介しておくと、所有してみて性能や装備が今のクルマに比べると格段に遜色があることに驚く人がけっこういる。いまや、雑誌やネットの記事も旧車ネタが鉄板だったりするが、いまのクルマにはない”素敵”なイメージや乗り味などで語られることが多い。実際はエンジンは回らないし、ギアもスコスコは入らない。エアコンも効きづらいし、冬も寒い。振動も大きいし、ブレーキの効きも甘いのが普通なのだ。

 これらは旧車の魅力でもあるのだが、イメージと違うと思ってしまうポイントでもあるのは事実。買ってすぐに手放してしまうのは、費用がもったいないだけでなく、クルマも可哀相だ。「一生大事にします」という人に限って手放すことが多かったりするが、実車を前に舞い上がらず、冷静に検証して購入するようにしてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します